思い思われフリフラレ

思い思われフリフラレ最終回の結末ネタバレが切ない!理央由奈と和臣朱里は付き合う?

思い思われフリフラレ ネタバレ 最終回 結末 切ない 理央由奈 和臣朱里 付き合う
スポンサーリンク
Pocket

思い思われフリフラレの最終回結末のネタバレを紹介して、切ないシーンや理央由奈・和臣朱里が付き合ったのか見ていこうと思います!

大人気の少女漫画「思い思われフリフラレ」を読んでいた方も多いのではないでしょうか?

また、前から気になっていてどのような結末を迎えるのか気になるという方もいるでしょう。

ということで、今回は思い思われフリフラレの最終回に迎える結末をネタバレし、理央由奈と和臣朱里が付き合ったのか?切ないシーンなどを紹介していきますよ!

 

スポンサーリンク

思い思われフリフラレ最終回の結末ネタバレ

まずは思い思われフリフラレの結末について見ていこうと思います!

途中まで読んでいて最終回を知らない方や、どんな物語なのか最終回だけ知りたいという方は必見ですよ!

結末のネタバレになりますので、読んでいる途中の方や知りたくない方はとばしてくださいね。

 

最終回はどうなる?

朱里は決断して、それぞれの未来を進むことになります。

朱里は和臣と離れたくないですが、がっかりさせるのはもっと嫌だと感じていました。

和臣と遠距離になっても大丈夫だと思っていると言って涙しています。

和臣は朱里を抱きしめると、昨日言った「別れる」というのは本気じゃないと言います。

和臣的には、自分のためなら夢を捨てられると言ってくれた人の選択を誤らせないように気を使ったようです。

もちろん、朱里もわざと言ってくれたと理解していたようです。

その上で和臣は別れるなんて二度と言わないと宣言したのでした。

和臣はどういう意味か分かるかと朱里に尋ね、頬を赤らめています・・・

そして、その朱里の反応なら多分合ってると言って和臣と朱里はキスするのです!

これから続く付き合いの中でたった数年のこと。

そのうち、ふたりの定番の思い出話になると伝えて、素敵すぎるプロポーズをしたのです!

 

由奈と朱里の友情

由奈は戻ってくると朱里を抱きしめて、由奈と出逢ってたくさん影響されて新しい自分に気づけたと感謝しているようです。

一方の由奈も全く価値観の違う朱里と一緒過ごしたことで、世界が広がったとお礼しています。

そして、理央は由奈と和臣のことは自分にまかせてと朱里に伝えるのでした。

この2人の友情も素敵な関係だったと思います。

4人で過ごす最後の放課後の帰り道・・・

最初に出逢った思い出の場所について4人は話しています。

朱里が最初に和臣に最初と会ったのは、由奈の家の窓の外だったそう。

和臣は、その少し前に朱里が手を上げて横断歩道を保育園児たちろ渡るのを見たそうです。

 

運命の糸

4人はマンションに到着して、一緒の最後の帰宅になりました。

場面は変わり、理央と由奈はカフェで並んで座って、近況について話しています。

2人は4月から大学に入学することになっています。

そして、話題は朱里に。

アメリカの大学に進学するという朱里はもう戻ってくるつもりがないのかな?と寂しそうです。

理央はこのまま行けば朱里と義理の姉妹になるじゃんと言い、遠回しですが理央までプロポーズすることになります!

和臣はというと、映画の勉強の為にアメリカの大学へ進学を決めました。

そして、降り立ったアメリカの空港で「Catch Me!!」と描かれたボードを持つショートカットの朱里

和臣は朱里を抱きしめたのです!

 

スポンサーリンク

思い思われフリフラレ最終回の切ないシーンが多いって本当?

ストーリーの展開としては、肝心なところですれちがってばかりでヤキモキさせられました。

とはいえ、最終回は最高のハッピーエンドでしたので良しとしましょう!

ただ、その途中には切ないシーンも数多くありましたので、少し紹介していきます。

 

理央の気持ちが伝わらない・・・

中学の頃に、理央は朱里に一目ぼれをしました。

それから、ずっと好きだったので告白しようと朱里を呼び出した日の事です。

理央は朱里と義理の姉弟になることに・・・

理央は由奈と雨宿りしていた時、理央のことが好きな由奈は思わず「理央くんは、朱里ちゃんのこと今でも好きなの?」と聞きます。

そして、理央は「わかんない」と答えた時の表情は、何とも言えない切なさがありましたね。

 

100%フラれる告白

理央の気持ちを聞いた由奈は、「いえる相手ならいった方がいいよ」と告白することを理央にアドバイスをしました。

しかし、由奈は理央に告白してもふられることが分かっています。

告白しないつもりでしたが、理央の秘めていたキモチを聞いて由奈も理央に告白しようと決心します。

そしてまさかのその場で告白!

しかし、由奈は「だから私をふって」と付け加え、理央がツライときに話を聞ける友達になりたいと言いました。

好きなひとに、告白したというのに同時にこれを伝えるのはとても切ないですよね。

 

朱里の強がり

夏祭りで和臣に告白したものの、ふられてしまった朱里。

本当はかなり引きずっており、整理がついていませんでした。

それでも気まずくなりたくない一心で、告白を忘れてくれていいから!と気丈に振る舞います。

朱里はこれまで、失恋の立ち直りには自信のあったみたいです。

しかし、和臣のことを好きになって「はじめて人を好きになるの怖いと思った」と感じます。

そして朱里は和臣の元を去るときに、涙が止まらなくなってしまいます・・・

 

スポンサーリンク

思い思われフリフラレ最終回で付き合うのは誰?

由奈と朱里という2人の女子高生が互いの友情が描かれていますが、彼女たちの親も深く掘り下げることで親と子供というテーマも描かれますよね。

でも、一番は恋愛模様が気になります!

中でも朱里については親に振り回されることが多いので、見ていて可哀そうになる時も多かったです。

そんな中でそれぞれの関係がどうなっていったのか見ていこうと思います!

 

理央と由奈が付き合う?

由奈がフンを踏みそうになったときに、理央と出会いましたよね!

次第に理央に惹かれていきますが、由奈は消極的な性格ということもあり、理央へ素直になれません。

それでも、5話の雨降りの下校中に理央が朱里に告白しようとしていたという話を聞き、由奈が理央に対しての思いを抑えきれず思い切って告白してしまいましたよね。

やはり、6話で理央に振られるという展開になり、それでも恋心は冷めることはありませんでした。

 

理央が由奈に告白?

由奈の元彼が登場して、由奈が告白されますが振ってしまいます。

その後、理央に気持ちを伝えたくなった由奈は理央を無事発見して、付き合おうことに!

無事実ってめでたしですね~

こうして、晴れて両想いになった由奈と理央ですが、理央がキスだと思ったタイミングで、手をつなごうとしてる由奈のピュアさが本当に可愛いですよね!

 

和臣と朱里が付き合う?

本当は朱里のことが好きなのに、理央も好きだったので和臣は告白を断ります。

朱里も、自分をふった和臣を忘れようとしますが、文化祭でいっしょの係になり・・・

本当はお互いに全く忘れられていなかったのです(笑)

そんなタイミングで、朱里に元カレから連絡がきます。

和臣はそれに気づいて、何も考えられなくなり朱里にキスをしますが「今のも忘れて」といいます。

 

元彼との対決も?

朱里の元カレである亮介は、朱里とヨリを戻そうと猛アピール!

亮介は朱里の「大事なことを大事なときにいわずに、あとでいうところ」を直した方がいいよとアドバイスしますが、結果的に亮介本人にはそのつもりはありませんが2人の後押しをしてしまうことになります。

そして、理央から今は由奈が好きだと聞き、遮るものがなくなった2人は、急接近していきます!

一方の朱里も元彼の亮介からアプローチされても、まったくなびきません。

和臣へのキモチを再確認して、一度はふられたけどやっぱりちゃんと好きだともう一度伝えようと決心します。

亮介からの告白をきちんと断った朱里に、和臣からLINEがきます。

朱里と和臣の秘密の場所である見晴台。

和臣からずっと両親にいえなかった将来の夢のことを話せたこと、そして想いを伝えようと決めていた朱里より先に、和臣からの告白!

朱里も「ふられてからも、ずっと大好きでした」と和臣に伝えることができて、付き合うようになったのです!

 

運命は引き合わせる?

ようやく付き合うことになった朱里と和臣。

しかし、タイミング悪く朱里の父親がアメリカへ転勤が決まります。

朱里は通訳という夢がありながら、和臣と離れたくないというキモチ勝ってしまいます。

それを知った和臣は、朱里にアメリカへいくように説得して夢を叶えるよう言います。

朱里は悩みに悩んだ末、和臣をガッカリさせるようなことはしたくないという結論に至り、アメリカへいくことを決意しました。

2人は遠恋になってしまったかに見えましたが、高校卒業と同時に和臣はなんとアメリカの大学へ進学したのです!

朱里と和臣は、アメリカで再会することになりました!

 

スポンサーリンク

『思い思われフリフラレ 最終回 結末』まとめ

思い思われフリフラレの最終回結末や切ないシーンをネタバレして理央由奈・和臣朱里が付き合うのか紹介してきました。

晴れてハッピーエンドを迎えて、理央由奈と和臣朱里は付き合うことができましたね!

しかし、それまでには切ないシーンもたくさんあったので、詳しく見たい方はぜひ原作を読んでみてはいかがでしょうか?

関連サイト:公式サイト/Wikipedia

スポンサーリンク