ナイトアイボーテ

ナイトアイボーテは敏感肌だと塗ると熱い!炎症でヒリヒリしてやめたい人って他にいた?

ナイトアイボーテは敏感肌だと塗ると熱い!炎症でヒリヒリしてやめたい人って他にいた?
スポンサーリンク
Pocket

ナイトアイボーテで肌がヒリヒリしたり炎症を起こすのは本当なのか?敏感肌でも使えるのか見ていきます。

気軽に二重になれるナイトアイボーテですが、敏感肌の方は使用する前に効果よりも肌への悪影響が気になると思います。

アイプチで炎症を起こした・・・という方もいますので、ナイトアイボーテに関しても慎重にならざるを得ないでしょう。

実際にナイトアイボーテを使った敏感肌の方が、炎症やヒリつきを感じたのか?紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

<<ナイトアイボーテの本当の効果は?一重から二重になる?

 

スポンサーリンク

ナイトアイボーテを敏感肌の人が使っても大丈夫?

敏感肌ということで心配になる方が多いと思いますが、実は美容成分が豊富に配合されていることをご存知でしょうか?

同じ二重アイテムであるアイプチで肌荒れした経験があるなら、トラウマになっている方もいるかもしれません。

一般的には肌荒れしにくいと言われていますが、結局は自分で使ってみないことには確実なことは言えません。

ということで、敏感肌でナイトアイボーテを使用する時の注意点を紹介していこうと思います。

 

いきなり使用するのは控える

これまで肌荒れした経験がある方は、いきなり使用するのではなく、まぶたには少量からスタートしてみましょう。

一般的に二重になりにくいとされる、分厚い一重の方はナイトアイボーテを多めに塗ると効果的ではありますが、敏感肌の場合は問題ないことが分かるまで少量で使っていきましょう。

ですので、最初の1週間は二重を作るというより、肌に合うかどうかを判断する期間として活用していきましょう。

本当に薄目に少しだけという用量で、まぶたに塗ってくださいね。

 

いきなり長時間は危険?

ナイトアイボーテを少量だけというポイントと、初めて付けるときにはもう一つ大事なことがあります。

それは起きている時に、30分程度様子を見ることです。

その時間で問題がなければ、時間をどんどん長くしていきましょう。

ナイトアイボーテは寝ているとき使用するものですが、もし肌荒れの原因になる場合だったら朝起きて悲惨なことになります。

ですので、ナイトアイボーテを昼間つけてみることをおすすめします。

 

アイプチがダメな敏感肌でも使用可能?

ナイトアイボーテで肌荒れを心配している方は、アイプチで目がかぶれたことも原因としてあり得ますよね。

実際にアイプチで目がかぶれ、炎症を起こした方は多くて、アレルギー反応が出ているみたいです。

アイプチのアレルゲンとしては、接着成分に使われる「ゴムラテックス」や「アクリル系接着剤」が原因になっているみたいです。

これらの成分については、普通に接着剤・手袋・絆創膏に使用されています。

ですので、絆創膏を貼ると肌荒れを起こすという方は、アイプチでも炎症を起こす可能性が高いと言えるのです。

 

ナイトアイボーテは大丈夫?

では、ナイトアイボーテの接着成分には何が使われているのでしょうか?

ナイトアイボーテに使われているのは「コポリマー」という成分です。

これは、アレルギーを起こしにくいと言われている接着成分だそうで、アイプチに使用されていたゴムラテックスと比べると、刺激の強い接着成分ではありません。

なので、アイプチで肌荒れや炎症を起こした方でも、ナイトアイボーテは問題なく使えると思いますが、使用する時は上記で紹介している方法を試してから、使用してくださいね。

 

40代・50代が使用しても炎症を起こす?

ナイトアイボーテと言えば、寝ている間に二重まぶたを作るということで10代・20代の女性向けの美容アイテムというイメージが強いです。

しかしながら、実際には40代50代の女性たちも多くナイトアイボーテを愛用していることが判明しましたが、使っていて問題はないのでしょうか?

基本的に年齢が上でも使用して何ら問題はありません!

注意したいのは、アレルギーや体質で炎症やかぶれを起こす場合があるので注意してくださいね。

 

肌のたるみに効果的?

実は40~50代の女性でナイトアイボーテを使用すると、たるみを防ぐ効果があるようです。

年を重ねるごとに、目尻が下がったり、目がぱっちり開かなくなって小さくなったりすることは誰にでも起こります。

市販のアイプチやテープを利用してみると、つけている間は偽物の二重を作っておくものですから、余計にたるんだりすることがあります。

しかし、ナイトアイボーテについては、自分のまぶたにクセ付けて二重にします。

ですので、下手にたるんだりしないで、綺麗に目元を二重にできるのです。

しかも、40代50代のまぶたは10代20代と比べると、ハリがないのでナイトアイボーテで二重を作る効果が出やすいです。

 

スポンサーリンク

ナイトアイボーテを使って炎症を起こすことはある?

ナイトアイボーテを使用することで、炎症などの症状を引き起こす可能性はあるのか?

実際に異常を感じたという方の口コミと紹介していきたいと思います!

 

ヒリヒリ感や熱さを感じる人が他にも?

まずは、実際にナイトアイボーテを使用して炎症や異常を感じたユーザーの声を紹介していきます。

敏感肌ということで、ナイトアイボーテを使う時も心配していました。

実際に使ってみたところ、やはりまぶたに塗った瞬間からめちゃくちゃ熱くなって痛かったです。

もともと敏感肌だからなのか、かなりヒリヒリして痛みを感じます。

それでも、二重にしたいという気持ちが勝り、しばらく継続してみましたが、あまり効果が感じられないばかりか、まぶたに痛みが出てきて余計な負担がかかりそうなので使用を辞めました。

酷い炎症というわけでは無いですが、ナイトアイボーテを塗った瞬間にじわっと熱いような感覚になります。

私の場合は軽傷なのか、時間が経つと気にならなくなります。

それでも、使用後は若干ヒリヒリするのが気がかりです。

 

熱い・ヒリヒリするように感じる原因は?

上記の口コミでも、痛い、熱い、ヒリヒリするというような声がありました。

では、その原因となる物質は何なのでしょうか?

それは、おそらくエタノールでしょう。

ナイトアイボーテの成分には、エタノールが含まれています。

エタノールはご存知の方も多いと思いますが、主な用途として消毒液にも使用されています。

殺菌効果があるということですから、当然肌に刺激を与える要因になりますよね。

しかも、ナイトアイボーテを使用するのは、まぶたという非常に皮膚の薄い部分。

なので、これまでエタノールに関して反応がない方も、刺激が気になってしまうようです。

傷口に消毒液をつけると、しみるような痛みを感じますよね?

その感覚と同じような痛みが発生すると思われます。

 

すべてのアレルギー持ちに反応?

痛い、熱い、ヒリヒリすると感じる原因について紹介しました。

しかし、すべての人がこのエタノールの刺激で、かぶれや炎症を起こすわけではありません。

それぞれ、アレルギーの深刻度も違いますし、まぶたの皮膚の厚みも違います。

ですので、一概にいう事はできませんが、肌が弱い人は痛い、熱い、ヒリヒリすると感じる可能性は高いと思いますよ。

 

熱さやヒリつきを感じた時の対処法は?

では、痛い、熱い、ヒリヒリした方の対処法について紹介していきます。

 

用量を少なくする

まぶたに塗る量をこれまでよりも、少し抑えてみましょう。

エタノールは気化しやすいので、量を少なくすることで乾きやすくなります。

なので、自分に合う使用量を見つけてみてください。

 

使用を控える

どれだけ用量を減らして、使用に注意していても体質的に無理ということもあります。

その場合は、二重になりたいという気持ちも分かりますが、症状が重症化する前に使用をやめましょう。

エタノールアレルギーの場合、軽い炎症だけで済まないこともあるので注意してください。

 

まぶたを保温すると効果的?

まぶたがじんわり熱くなる感じを和らげる方法があります。

使用前に化粧水や乳液などで、肌をしっかり保湿しておくということです。

ナイトアイボーテの使い方としては、基本的にスキンケア前に使用します。

しかし、保湿して肌に守ることで、乾燥した肌に直接塗るよりはヒリヒリ感を和らげることができるでしょう。

<<ナイトアイボーテの本当の効果は?一重から二重になる?

 

スポンサーリンク

『ナイトアイボーテ 敏感肌』まとめ

ナイトアイボーテを敏感肌の人が利用することで熱いと感じたりする原因や、炎症やヒリヒリ感を起こした人の口コミを紹介してきました。

基本的に炎症を起こすような成分は配合されていないですが、微量の成分でも皮膚が薄いまぶたでは反応することもあります。

ですので、使用する時はしっかり確認してから、安全に使ってくださいね!

スポンサーリンク