アニメ

キングダムのアニメでりんこの最後の結末は?その後はどうなる?

Pocket

「キングダム」アニメでりんこの最後はどうなる?結末のその後がどうなったのか?もネタバレでご紹介していきます!

廉頗四天王の一人で、その中でも最強と言われるトップクラスの実力者である輪虎(りんこ)のファンは大勢いましたよね。

原作で輪虎(りんこ)のエピソードの結末を見た時に、「え!?」と驚かれた方も多かったのでは!?

そんな輪虎(りんこ)との激闘は、アニメ「キングダム」第2シリーズで描かれていますので、今回はネタバレでご紹介しちゃいます♪

輪虎の最後や、結末のその後が気になる方は、是非最後までじっくりご覧くださいね~!

 

スポンサーリンク

「キングダム」アニメにも登場する輪虎(りんこ)って何者?

「キングダム」を見ていて、輪虎(りんこ)のファンであるという人は、意外と多いのではないでしょうか?

魏軍の将軍であり廉頗四天王の一人でもある輪虎(りんこ)は、廉頗四天王の中でも最も攻撃に特化した人物であると言っても過言ではありません。

信と王賁が2人で襲いかかってきても立ち回りが出来てしまう、見た目とは裏腹に戦闘能力が高い人物だったのです。

しかも、この風貌で30歳を過ぎているというのも驚きですね…笑

輪虎(りんこ)は忠実には登場しないキャラクターであり、わざわざ「キングダム」に登場させたことには、理由があると考えられます。

その理由についても輪虎(りんこ)を知る事を通してひも解いていきましょう♪

 

輪虎(りんこ)は信にとっても重要人物?

輪虎(りんこ)は少年のような優しい表情を見せる事もありましたが、裏では隠密活動を行い、敵の将軍や千人将を暗殺することもできるような有能な人物でした。

それが実を結び、父と慕う廉頗にも寵愛を受ける事ができていたわけです。

廉頗の剣となるべく全てを捧げる決意をして、その名に恥じぬような行いをしてきたんですね。

輪虎(りんこ)は悪いヤツで、主人公の信から見ると敵なのか?と思ってしまいますが、「倒すべき標的」として一言で片づける事は出来ません。

というのも、信は、輪虎(りんこ)と戦う事で、限界突破をして強くなれる事を学びました。

これにより信は自身の野望に一気に近づけるくらいの力を身に着ける事ができたのです。

輪虎(りんこ)との戦い無くしてこの急成長はありませんでしたし、己に秘められた力に気付かないまま過ごしていた可能性だってあると思います。

信にとって輪虎(りんこ)はただの敵ではなく、自身を成長させてくれる鍵ともなっていたに違いありません。

 

アニメ第2シリーズのメインって本当?

信vs輪虎(りんこ)の戦いが、アニメ「キングダム」第2シリーズのメインエピソードだったと考える人は非常に多いですね。

アニメ「キングダム」の第2シリーズで描かれたエピソードを大まかにまとめると、

  1. 王賁・蒙恬登場まで
  2. 太后様と政の過去
  3. 若手千人将達の活躍
  4. 秦vs魏(山陽攻略戦 開戦)
  5. 秦vs魏(山陽攻略戦 決着)
  6. 信と政の成長

という流れで描かれており、最も見ごたえがあったのが山陽攻略戦でした。

中でもやっぱり主人公である信の戦いや成長にスポットが当たるのは当然ですから、相手となる輪虎(りんこ)も脇役としてではなく、1人のキャラクターとして存在感がありました。

輪虎(りんこ)の存在は第2シリーズにとってもとても重要なものであり、そのキャラクターの存在自体も非常に大きいものであったことは間違いありませんね。

 

「キングダム」アニメで輪虎(りんこ)の声を演じた声優は誰?

ここまでご紹介してきた通り、輪虎(りんこ)の存在は、「キングダム」のアニメ第2シリーズにおいて、とても重要な役割です。

そんなキーパーソンともいえる輪虎(りんこ)の声を演じたのは、超人気声優の櫻井孝宏さんでした!

櫻井孝宏さんは、これまでにも大ヒット作に多数出演されており、代表作としては、

  • 食劇のソーマ :一色 慧
  • ハイキュー!!:月島明光
  • ジョジョの奇妙な冒険 :岸辺露伴
  • 東京喰種re:ウタ

などが挙げられます。

アニメ好きの人ならお分かりかと思いますが、とても演技力の高い声優さんで、アニメ「キングダム」の輪虎役の時も、激しい戦闘シーンだけでなく、過去の回想やシリアスな場面でのキャラを見事に演じられていました!

きっと櫻井孝宏さんの演技と、その壮絶な展開にくぎ付けになりますよ♪

 

櫻井孝宏 プロフィール

  • 名前 櫻井孝宏(さくらいたかひろ)
  • 出生地 愛知県岡崎市
  • 生年月日 1974年6月13日(45歳)
  • 血液型 A型
  • 身長 177 cm
  • 職業 声優、ナレーター、ラジオパーソナリティ
  • 事務所 インテンション
  • 活動 1996年~
  • 好きな声優、尊敬する声優 中尾隆聖、チョー、置鮎龍太郎、関智一、高山みなみ

 

スポンサーリンク

「キングダム」アニメのりんこの最後は?結末やその後をネタバレ!

「キングダム」のアニメで、輪虎(りんこ)との激闘が描かれたのは、第2シリーズ中盤からで、決着がついたのは第30話頃。

漫画でいうと、21巻~22巻で描かれた信と輪虎の最終決戦です。

信と輪虎は二度対峙しており、一度めは両者怪我を負いながらも決着は付かず一旦双方とも引き、決着の日である2日めに備え体を休めます。

信は、文字通り「ボロボロ」で、全身に刀傷を負い、特に剣を持っていた右腕は傷が深く、とても2日目は戦えないほどの傷でした。

一方の輪虎も、馬と指2本切られる不覚傷を負っての2日目です。

満身創痍の2人がぶつかる時、どんな結末が待っているのか…?早速ネタバレでご紹介していきます!

 

アニメ「キングダム」輪虎(りんこ)の最後・結末をネタバレ

お互いに傷を負っている信と輪虎は、戦い2日目を迎える事に。

信は、羌廆からもらった秘薬とデタラメな回復力で回復し、対して輪虎は輪動という特異戦術で挑みます。

“輪動”は、かつて王騎将軍に一太刀浴びせた際に用いられた強力な突撃策であり、くらってしまえばひとたまりもない、かなり強力な戦術。

それを飛信隊が食い止め、信と輪虎の最終決戦へと発展し、両者一歩も引かない展開へと戦場はみるみる状況が変化していきます。

 

信vs輪虎 騎馬戦から地上戦へ

深い傷を負いながらも、1日目と変わらない激戦を繰り広げる信と輪虎(りんこ)は、周りに気が回せないほどの張りつめた緊張感の中、剣を振るいます。

輪虎(りんこ)はこの時、輪動が止められたほどの飛信隊の強さと他の隊との連携を認めると同時に、信が飛信隊の士気の源であり、実質的に将の役目を担っていることに感心をしていました。

しかし信と輪虎(りんこ)の間で繰り広げられる戦いは、輪虎(りんこ)が優勢。

持ち前の剣術で信の股に剣を刺し騎馬戦を制すると、それに対し信は地上戦に持ち込みます。

 

激闘が動く時

地上戦になり、さらに激しくなる戦いでしたが、一進一退の攻防戦に不安を抱く両陣営。

しかし、一騎打ちに加勢するという事は、汚点を一生残す事でもあり、将軍を目指す信にとっては致命傷にもなりかねません。

そこで先に動いたのは、輪虎隊の魏良。

輪虎隊の魏良が一騎打ちに割って入ろうとした所を、飛信隊の楚水に阻止したのです。

しかし、楚水の視界には、輪虎(りんこ)の姿が…

魏良へと向けた強烈な殺意に反応した輪虎(りんこ)が、反射的に楚水を斬ります。

そして、その楚水が切られた瞬間、信へ注意が外れた瞬きほどのほんの一瞬をとらえた信は、輪虎(りんこ)に致命傷を与えたのでした。

 

信vs輪虎 決着

致命傷を与えられた輪虎でしたが、気力で立ち上がると信に再び攻撃を仕掛けます。

その中で輪虎(りんこ)は、自分が幼い頃道端で餓死しそうになっているときに廉頗に拾われた、つまり天が寵愛する廉頗に出合わせた剣が自分であった、と信に伝えます。

しかしこれを聞いた信は、「自分も漂と出会い、様々な人と出会い思いを背負うことで自分の足で前に進んでいる」と。

それを受け輪虎(りんこ)は、時代が変わりつつあることを受け止め、死をも覚悟したような表情を浮かべます。

「何度も死を覚悟したぐらいやばい相手だったぜ」

どちらも重症の中、最後に信が輪虎の胸に剣を突き刺し、長い信と輪虎(りんこ)の戦いに決着がついた瞬間でした。

 

「キングダム」輪虎(りんこ)の結末のその後はどうなったの?

「何度も死を覚悟したぐらいやばい相手だったぜ」という信のセリフに鳥肌が立った人は多かったはず。

長い激闘を繰り広げた相手を、最大限称える言葉ですよね~。

輪虎(りんこ)が最後の瞬間を迎える時には、戦乱がいよいよ次の世代へ移り行くことを感じずにはいられず、信に倒されるのを自ら望んでいるような雰囲気すら漂っていました。

最初は「また邪魔する人が現れた!」と輪虎(りんこ)の事を疎ましくも思いましたが、最終的には、信も輪虎(りんこ)も、両方を応援してしまうような不思議な心境でしたね。

では、信によって倒されたその後、輪虎(りんこ)はどうなったのか?について、見ていきましょう!

 

輪虎(りんこ)は戦争終了後どうなった?

輪虎(りんこ)は亡くなってしまった後はもちろん登場するシーンはありません。

しかし、輪虎(りんこ)の事で分かっている事としては下記の二つがあります。

  • 武器の剣は廉頗によって信に譲られた。
  • 遺体は信の願いで棺に入れられて、廉頗の元へ送られた。

“廉頗の剣”であった輪虎が使っていた剣が信に贈られ、信の想いにより輪虎は廉頗の元へ還る…って、お互いの事を認め合っている関係性が伺えますよね。

輪虎が信の願いで廉頗の元へ帰れたことは、単行本のおまけページで明らかにされました。

本編のストーリーを邪魔する事なく、ファンの気持ちもしっかり汲んでくれる原先生に感謝です!

輪虎(りんこ)は死ぬ必要はなかったのではないかという意見も多いですが、このエピソードを知ると、信の成長の糧としてなくてはなら無い展開だったのだと思えますね!!

 

スポンサーリンク

キングダムアニメ最終回のまとめ


今回は、「キングダム」アニメで描かれた輪虎(りんこ)の最後・結末のその後をネタバレでご紹介してきましたが、いかがでしたか?

この信vs輪虎(りんこ)の戦いは、負けるはずがないと思っていた輪虎(りんこ)が敗れた事により、驚かれた方は多かったですよね~。

輪虎(りんこ)が負けるとしても、亡くなる必要はなかった!という声もたくさん上がっていました。

それだけ輪虎(りんこ)の登場シーンが増える度に、ファンも増え続けていたんだという事が分かりますね!

今後は再登場する事の無いキャラクターとなってしまいましたが、これからの信の活躍に、輪虎(りんこ)の存在は欠かせないものとなりました。

まだご覧になっていない方は、原作やアニメでも、その緊迫した激戦の様子をご覧になってみてくださいね♪

公式HPはこちら

公式HP:U-NEXT

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト/映画公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.