漫画

キングダムネタバレ最新635話|鄴の陥落は確定?

キングダムネタバレ最新635話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、 2020年3月19日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新635話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

これまで余裕の表情を崩さなかった李牧が、はじめて本気の焦り顔を見せた前回。

これまでの長かった展開が嘘のように、スピーディーに進行していきました。

一度は死の淵へ立った信が、最初に李牧軍の後方をとらえる元気の良さを見せたのには驚きを隠せませんでしたね。

しかし、なんといっても注目は鄴の開門!

民間人が一気に城外へ飛び出していましたが、目の前は戦場。

はたしてこの悪状況を李牧は、どう乗り切るのかに注目です。

李牧が降伏するのか、和睦を求めるのか…?どっちにしても気になります!

それでは、2020年3月19日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新635話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介します。

<<キングダム漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新635話『鄴の陥落は確定?門から雪崩れる民衆!』

 

一斉に鄴の民が城外へ!?

兵糧攻めにより飢餓で苦しみ暴動を起こした民間人たちを、趙兵は策を築いて迎えこんでいました。

しかし、民間人たちは作から身を乗り出し抑え込もうと抵抗をする。

そして大量の民間人に押しかけられてしまった徴兵は、倒れた柵の下敷きになってしまったのだった。

そんなことはお構いなしに民間人たちは、下敷きになった趙兵の上を踏みつけ、城外へと飛び出していく。

閉ざされた城の門までたどり着いた民間人は、叩き開けようと必死だ。

槍を持った民間人が、門を開く装置のところまで押しかけ破壊に成功する。

すると鄴の門が、ゆっくりと開いていくのだった。

ゴゴゴゴと音が響き、戦闘中のカイネたちも、その様子をしっかり捉えて鄴を見つめる。

門が完全に開くと、絶え間なく民間人が外へと流れ出る。

そこで李牧は、うつむきながら敗北を感じたのであった…。

 

鄴の陥落は確定?

攻め落とすことのできないと思っていた鄴であったが、遂にゆっくりと門が開かれた。

これを見てしまったり僕の精神的なダメージは、計り知れないものがあっただろう。

繊維を一気に喪失していてもおかしくはない。

鄴の陥落は、これで確定したと言えるでしょう。

それと同時に飛び出してきた民間人が、さらに状況を悪くすると予想できます。

というわけで、李牧軍は苦境に立たされる一方となります。

民間人の目前は、ゼノウ一家が暴れまわっている戦場。

この状況を見て見ぬふりができる李牧ではないので、なんらかの策を迫られていると考えて良さそうです。

 

忍耐勝ちの桓騎軍と戦いに備える趙軍

民間人たちの波がひと段落ついたところで、桓騎軍は鄴に突入しようと備え始めます。

面倒な城壁攻めをせずにすんだことに喜び、ガハハハと高笑い。

魔論も忍耐の弱い桓騎軍が、なんとか忍耐勝ちできたことに胸をなでおろしていました。

ある意味奇跡と評していましたが、趙兵も門が開いてしまったため、桓騎軍の突入に備えはじめます。

こうなれば邪魔な難民をすべて追い出し、入れ違いで入ってきた桓騎軍を返り討ちにし、再び門を閉めるしか術はない。

城壁の兵も下におろし、胡呂は地上戦の構えをとるよう指揮をする。

そこへ伝令来る。

城門の開閉器具が民間人により破壊され、復旧に時間がかかるというのだ。

焦った胡呂は修理を急がせ桓騎軍を食い止める間に、かならず門を動かすよう指示をだすのであった…。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新635話『桓騎軍の略奪とゼノウ一家!』

 

ゼノウ一家が鄴へ!

桓騎軍の侵入に備え、鄴の城内は慌ただしく準備を急いでいた。

だが民間人の波が途切れを待つまでもなく、最初に鄴の城内へ踏み込んでいったのはゼノウ一家であった。

次々に投げ飛ばされる民衆に、趙兵は首を跡形もなく吹っ飛ばされている。

激しく息まき完全に目がイッてるゼノウを見た趙兵は、化け物だと連想した瞬間に散っていた。

ただちに迎撃の姿勢をとる趙兵と、ぶつかるゼノウ一家。

鄴の城内は、一気に激しい戦場へと様変わりする。

ぐいものォ…と呟いて惨殺していゼノウ一家が抜け駆けし、鄴の内部へ侵入したことに気付いたほかの桓騎軍は焦り我先にと突入していく。

本来ならゼノウ一家は、雷土と共に李牧の足止めをしていたはず。

だが勝手に持ち場を離れたことに、魔論はあきれ顔をうかべるのだった…。

 

桓騎軍が略奪?

もともと桓騎軍は、盗賊団を束ねた集団だ。

崩落した鄴は、まさに宝の山といえる。

魔論も髭をいじりながら、浮かんでくる笑みを隠しきれない様子。

巨大な城郭都市である業へ踏み込んだ途端に、桓騎軍の士気は爆発する。

すべてを奪い尽くすため趙兵を一掃し、金目の物を奪い去ろうとする。

一方の李牧は、鄴へなだれ込桓騎軍を外から眺めることしかできなかった。

雷土軍を突破し、鄴を救うだけの力が残っていないのだ。

さらに鄴の城門が開いたことで、兵の士気は完全に消失していたのだった…。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新635話『桓騎の戦いと李牧の降伏!?

 

桓騎と李牧の戦いは?

黒洋丘の戦いで桓騎の弱点を見抜いていた李牧。

だが634話の現状を見る限り、桓騎の残虐性が場を支配している。

すでに疲弊している李牧軍は、ゼノウ一家にかなうわけもなく一方的に残虐されていた。

これに加え、鄴の開門により戦意を喪失した状態の李牧軍をぶつけ続けるのは、あまりにも無謀といえる。

史実によるれば、紀元前233年に趙の平陽と武城を攻めて宜安に侵攻した桓騎は、李牧に敗北したとされている。

ひとまず鄴で桓騎と李牧の戦いは、見送られることになりそうですね。

 

趙軍はどうなった?

長かった朱海平原の戦いで忘れがちだが、鄴の周りを包囲する桓騎軍の周りを趙軍が包囲していました。

そこへ鄴を目指す李牧と、それを追う王翦という図でしたよね。キングダムネタバレ635話最新確定!

しかし李牧が趙軍と合流はなく、そのまま鄴へ到達しています。

桓騎の周囲を囲んでいた趙軍は、どうなったのだろうか?

個人的には、ここで楊端和や壁将軍がすでに活躍してくれていたのではないか考えている。

というのも、王翦軍は先に李牧を追っていた亜花錦と合流していないのだ。

これは前にも予想したが、亜花錦は楊端和や壁将軍のもとへ伝令役に走っていると考えられる。

先に亜花錦から伝令を受けた楊端和や壁将軍は、桓騎軍を取り囲んでいる趙軍と交戦しているのではないだろうか。

また撤退させるまで追い込んだ可能性も十分に考えられる。

となれば史実通りに楊端和が鄴攻めに関わったことになるわけで、つじつまが合うと言えますよね。

 

李牧が降伏する?

桓騎軍を取り囲んでいるはずの趙軍と合流していない李牧。

この状況を乗りきるためには、降伏または和睦を申し入れるほかないでしょう。

では李牧が降伏する可能性を考えてみよう。

春秋戦国時代での降伏は、面縛與櫬と呼ばれる方法を取っている。

降伏する側の将軍が腕を後ろ手に縛り、手が使えないようにし背後に棺桶を用意して敵将の前まで行進するというものだ。

これは無条件降伏を意味する。

そのため、秦国に囚われて一般人も救えない可能性が非常に高くなるだろう。

鄴を救いたい李牧が、そんな降伏をするとはとても考えにくいですよね。

なので桓騎軍のいる場面において、李牧が降伏する可能性は低いと言えますよね。

<<キングダム636話に続く

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレのまとめ

今回は、2020年3月19日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新634話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介してきましたがいかがでしたか?

前回の展開から鄴の崩落は確定すると予想できましたが、意外にもあっさり陥落した印象でしたね。

王翦軍と桓騎の挟撃にあって苦戦している李牧。

ですが、鄴の開門で飛び出してきた民間人をすみやかに連れ去っていました。

ゼノウ一家が暴れまわっている戦場に民間人が飛び込むのかとも思いましたが、皆殺しにならなくて一安心ですね!

残酷描写があるかもと覚悟していただけに、今回は私の想像よりも残酷な描写が少なくて良かったです。

李牧が降伏か和睦を申し出るとも考えましたが、なんとも拍子抜けな回ではありましたね。

しかし、民間人の犠牲を考えるとこれでよかった気もしてしまいます。

鄴が開門し、李牧が敗北を認めるのがとてもはやかっただけに続きも気になってしまいますね!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト/映画公式サイト

スポンサーリンク