漫画

キングダムネタバレ最新631話|信を生き返らせる為に羌瘣が起こす奇跡

キングダムネタバレ最新631話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、 2020年2月13日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新631話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

629話では命の火が消えた信のまわりに、飛信隊の兵士たちが集まり泣き崩れるシーンが印象的でした。

しかしながら、そこに共に戦い体がボロボロになった羌瘣がやってきて、信を見据え何かを決意した様子でした。

そして前話である630話で、決意を固めた羌瘣は呪術によって信を生き返らせようと試みたわけですが、果たして信は無事に生き返ることができるのでしょうか?

また戦いの舞台は鄴へと移っていくわけですが、李牧はどうなってしまうのでしょうか?

そろそろ楊端和も動きそうなだけに、信の命運も気になりますが、こちらの展開も気になってしまいますよね。

それでは、2020年2月13日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新631話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介します。

<<キングダム漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新631話『信を生き返らせる為に羌瘣が起こす奇跡!!』

 

羌瘣は信を生き返らせることができるの?

主人公である信が息を引き取ってしまったわけですが、将軍になることはすでに確定していると言えます。

ということは羌瘣が、このまま呪術で生き返らせることになるでしょう。

とはいえ、この術は禁術であり羌瘣も寿命を半分も差し出さなければいけないことがわかりました。

となると羌瘣にも何かしらの影響が及びそうではありますが、現状悩んでいる暇はないだけに羌瘣も決断した様子でしたね。

とはいえ、この事実を信が知ってしまえば、信が生き返ることを拒んでしまう可能性も十分に考えられます。

そうなった場合、この世とあの世のはざまにおいて信と羌瘣が戦うという展開もでてくるのかもしれませんよね?

ただ信の蘇生に時間を使うことに批判の声が多くあがってはいるようですが、何話かにわたって信を生き返らせることになるのは間違いなさそうですよね。

いずれにしても信が命を落としたままでは話は進みませんし、殺してしまったのなら早く生き返らせて話を進めてもらわないことにはなじまりませんからね。

賛否あるとは思いますが、一刻も早く信がよみがえることを祈るばかりです。

 

生と死の境で何が起こる?

前回のラストでは、羌瘣の目の前に信が立っているのを見つけたところで幕を閉じました。

では、この後はどういった展開になっていくのでしょうか?

もちろん生き返らせるのは間違いないのですが、信は表情こそわかりませんでしたが前へと歩いているような感じでした。

それは、死に向かって行っているのではないでしょうか。

日本ではよく三途の川を渡ったら死んでしまうという事が言われていますよね。

それを考えると、信はまだ三途の川を渡ってはおらず向かっている最中なのではないだろうか。

信の後姿を見つけた羌瘣は、必死に叫んでいたわけですが、信は今のところその声にすら反応を見せていませんでした。

それは意識がなく、ただただ歩いているという事なのかもしれませんよね。

だとすれば信を正気に戻し、幽連と羌象と会った天地の間の入り口まで信を連れ戻す必要があるのではないかと思います。

また連れ戻す試練として、羌瘣は信と戦うことになるかもしれませんが、そのあたりどうなるのか今後の展開に期待したいところです。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新631話『李牧を待ち受けるものと動き出す楊端和!』

 

李牧は逃げ切り鄴に着いたらどう出る?

李牧たち趙軍は龐煖の死を見受け、鄴に向けて全軍で南下を始めました。

当然ながら秦軍も全力で李牧を追うことになることでしょうが、この状況から李牧は逃げ切ることができるのだろうか?

たとえ逃げ切り、鄴にたどり着いたとしても鄴は桓騎が囲んでいる状況です。

そんな状態で現状を打破するには、鄴の兵士と連携することで桓騎を挟撃することになるのではないだろうか。

しかしながら、その間にも王翦たち本陣も到着してくることでしょう。

そうなってしまっては、なかなかここから逆転することは難しいように思えます。

ですが李牧は焦った様子もなく、淡々と指示を出していました。

やはり頭の切れる李牧という事で、何かしらの策をまだ持っているということなのでしょうか?

まだ想像もつかないわけですが、これから李牧が次にどのような策に打って出るのか、どんな動きをするのか、とても楽しみなところですね!

 

舞台は鄴へ移っていく?

いよいよ戦いの舞台は、鄴へと移っていくことになりそうですね。

鄴を取り囲んでいる桓騎が動き出すかもしれませんし、そのあたりが描かれるのかもしれませんよね。

史実の上では李牧は、まだ生きるとされているわけですが、鄴は秦によって落とされているんですよね。

そして、これまた史実上では、この朱海平原の戦い自体が実際にあったのかも怪しいと言った感じなんです。

それに秦が鄴を攻めているとき、龐煖は燕を攻めて不在だったとされているんですよね。

だからこそ、これからは鄴がどうなっているかが描かれるというのは、間違いなさそうですよね。

 

いよいよ楊端和が動きだす?

鄴攻めに関してのおさらいとしては、現在のところ桓騎が城を囲って兵糧攻めにしている最中なんですよね。

史実上では王翦は桓騎に鄴を任せて閼与を攻め入り、桓騎によって鄴は落とされたと記されているんですよね。

となると朱海平原の戦いが史実ではなかった可能性が高いということになりますが、この閼与攻めの代わりに朱海平原の戦いになっているのではないかと思われます。

またその中には、楊端和もいたようなんですよね。

そのことから、鄴は王翦が鄴に行くまでもなく落とされるのではないだろうか。

そうだとすれば、そろそろ桓騎が動くのではないだろうか?

また楊端和も史実では鄴攻めに参加していたところをみると、いよいよ楊端和たちが動いて鄴攻めの決着をつけるということになるのかもしれません。

桓騎が鄴に入った民を皆殺しにするという残虐な行動に出るのか、楊端和が犬戎を従えて鄴を制圧するかといったところ。

いずれにしても朱平原の戦いの結果から、鄴攻めも進展していくことになるでしょうね!

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレのまとめ

今回は、2020年2月13日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新631話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介してきましたがいかがでしたか?

なんとか呪術の詠唱に成功し、信のもとへとたどりついた羌瘣。

とはいっても、このあとどうやって信を復活させるのか気になるところですよね。

普通に説得という方法もあり得なくはないのですが、どうやって「寿命を渡す」ことができるのかは今のところまだ疑問が残ります。

ただ信が生き返るのはほぼ間違いないと言えますが、寿命を渡した羌瘣はどうなってしまうのかも気になります。

また、ここでどう生き返らせるか、このシーンに何話使うのかというのもありますし、まだまだ気になることだらけなだけに今後の展開に期待したいところですね!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト/映画公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.