漫画

キングダムネタバレ最新630話|羌瘣が龐煖を蘇らせる可能性

キングダムネタバレ最新630話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、 2020年2月6日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新630話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

前回は、皆様ご存知、主人公の信が命を落とし仲間達が嘆き、あの河了貂ですら膝を折るほどでした。

そんな中、一人険しい表情の羌瘣には何か秘策があるのだろうか?

また龐煖の死を受け撤退を開始した李牧でしたが、丘の麓で待機していた王翦は李牧の撤退を気づき田里弥の考えを聞いていました。

万に一つも李牧を取り逃がすことはないと、一番近場に居る飛信隊もとい信が追撃に出ると考えていたようですが、予想に反して飛信隊は動かない。

飛信隊は信が倒れたことで大騒ぎ、無理やり起こそうとし諌め信の腕や首に手を当てて脈をはかるも脈どころか心臓も動いていませんでした。

仲間達は信じることが出来ず、河了貂が置いていかないでと泣き崩れる背後へ、羌瘣が近づき、何やら決意した顔をうかべていたのが気になります。

それでは、2020年2月6日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新630話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介します。

<<キングダム漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新630話『やっぱり信は死んでいる?もう目覚めることはないの!?』

 

本当に信は目覚めないのか?

前回信が完全に命を落とした展開となっていましたが、さすがにこのまま主人公不在で話が進んでいくとは到底考えにくいですよね。

キングダムファンなら忘れもしない単行本第一巻の最初のページでは、信が代将軍となり嘔気将軍の矛を手に戦へと向かうシーンがありましたからね!

だからこそ、ここで信が本当に蘇らなければ、あのシーンそのものが完全なフェイクという事になってしまいます。

そんなことはないと踏んで、次回は信の生命力を信じ蘇るという展開になっていく事は確定だと考えています。

とはいえ蘇ったとしても、もちろん李牧の元へとそのままいける状態ではないでしょうし、残すところの鄴での戦いは完全に信抜きの展開になることも間違いなさそうですよね。

それでは一体、どうやって信が現状から復活する流れに持っていくのか?というところがきになりますよね。

それを次から考察していきたいと思います。

 

信を復活させるのは龐煖か羌瘣?

前々回の628話において、龐煖の回想シーンがあったのを覚えているでしょうか。

タイミングとしては少し不自然であった龐煖の故郷や両親の話でしたが、これは何かの伏線なのではないだろうか。

龐煖の両親には人を癒す不思議な力を持っており、多くの村人を両親がこの力で助けていましたよね。

ということは、その両親の子供である龐煖にも、この力が継承されていてもおかしくはないはずなんですよね。

だからこそ、こちらも完全なネタバレになってしまいますが龐煖がまず自身の不思議な力によって蘇るということになりそうですよね。

目覚めた龐煖は、周りを取り巻く飛信隊や秦軍が絶望する姿を目の当たりにします。

そして李牧もいなくなった今、龐煖にはもう闘う意思は消え去っている事でしょう。

そして自分を人生で唯一。打ち破った信という偉大な男を尊敬しているはず。

さすれば自身に宿る不思議な力により、瀕死状態の信を復活させてくれるという展開がまっているのではないでしょうか。

ただ、ここで思い出して欲しいのが、羌瘣も持つ不思議な治癒力のこと。

王賁が尭雲に酷くやられた際、信と羌瘣は王賁の休むテントへ向かい、が羌瘣に王賁の治療を頼むと任せたシーンがありました。

この羌瘣の持つ不思議な力を使うことにより、瀕死状態の信を復活させることができるのではないだろうか?と考えている方も多いはずですよね!

しかし、それはおそらくは不可能といえます。

なぜかというと、羌瘣のこの治癒の力はそこまで強いものではないからなんです。

王賁の時もなんとか一命を取り留める、くらいの処置までしかすることはできていませんでした。

現状、完全に心臓が止まっている様な信の状況を回復させるほどの力は無いと考えるのが妥当ですよね。

また、いくら羌瘣と言えども自身も連戦で体を負傷し疲労困憊していることでしょう。

そんな羌瘣の残された力で信を蘇らせると言うのは、少し考えにくいですよね。

 

羌瘣が龐煖を蘇らせる可能性も?

ここからは完全に私の個人的な予想となりますが、不思議な力を持つ龐煖と羌瘣の2人。

629話のラストでは、羌瘣がアップになっており意味深な終わりとなっていましたよね。

となると誰もが思うのが、羌瘣が信を治癒するのか!?という事ではないでしょうか。

しかし、物語的展開を考えると誰もが予想のつく普通の展開で面白くありませんよね。

だからこそ、羌瘣が残った力で治癒するのが信ではなく龐煖なのではないかということなんです。

龐煖には、羌瘣以上の治癒能力が備わっているというのは先ほども説明しましたよね。

同じ匂いを感じとる羌瘣は、龐煖が不思議な治癒の力があることに気づいていたんです。

となれば頭のキレる羌瘣が次にとる行動は、龐煖を自分の力で復活させることで、信を治癒させることではないでしょうか。

龐煖自身が治癒能力が高いと見た羌瘣は、自分の力も合わせることで龐煖の再生に努めることでしょう。

そして復活した龐煖は前述の通り、さらに戦いを続ける気はもうなく、信の治療に専念することで信を復活させることになるのです。

また羌瘣は信を龐煖に任せることで、自らは鄴に飛信隊を率いて向かうといった展開になるのではないでしょうか。

ちょっと無理がある予想にはなってしまいますが、こんな展開も完全にないとは言い切れませんよね!

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新630話『鄴の戦いのこれからの展開!』

 

李牧が最初にとる行動は?

超が付くほどの策略家の李牧は、撤退をしていきましたが決して諦めた訳ではありません。

全軍を南下させ鄴に向かい、なんとか城の陥落を防ぐことに従事することにしました。

しかし、いくら策略を練ろうとも、相手となるのは王翦・桓騎・そして駆けつけてくる楊端和・羌瘣率いる飛信隊。

といった状況で、趙軍の大将で残すは馬南慈と紀彗の2人です。

この布陣では、とうてい太刀打ちできそうにもありませんよね。

ここではおそらく、これ以上の被害と命を無駄にせぬ様、李牧は和睦に出るのではないでしょうか。

それというのも歴史上の事実に細かく記載はされてはいませんでしたが、王翦軍が大挙して鄴を攻め落とすと記されています。

となると和睦の可能性は、極めて高いと考えられますよね。

 

負けられぬ戦で負けた李牧の責任?

趙の首都である邯鄲の入り口であり、絶対に死守が必要な鄴を守りきれないであろう李牧は今後どうなってしまうのか気になるところですよね。

史実の内容によると、悼襄王によって更迭され殺されてしまうとなっているんですよね。

つまりは戦で首を取られる訳ではなく、負けた後に趙王によって殺されてしまっているということなんです。

この様な史実からも今回の鄴での戦いで、李牧が誰かに首を取られるという可能性は極めて低いということのようですね。

<<キングダム631話に続く

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレのまとめ

今回は、2020年2月6日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新630話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介してきましたがいかがでしたか?

完全に動かなくなった信を前に、飛信隊の思いがあふれ出た今回。

崇原が実際に確認していましたし、信が命を落としたのは確実でしょう。

今まで飛信隊が窮地でも這い上がれたのは、信の影響が大きかったといえます。

隊長が倒れたことで、飛信隊の弱さが浮き彫りになってしまいました。

ただ羌瘣の反応だけは違い、飛信隊全員が涙を流すなか厳しい表情をしていました。

いくら羌瘣であってもも、人を生き返らすなど不可能といえます。

信は夢破れこのまま終わってしまうのか、予想できない大波乱の展開だけに次回が気になりますね!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト/映画公式サイト

スポンサーリンク