漫画

キングダムネタバレ最新627話|信が覚醒する起因とは

キングダムネタバレ最新627話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年12月26日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新627話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

信が覚醒し龐煖に勝ったかに見えました前回。

しかしながら強烈な一撃を放ち、その後追撃しようとするも倒れてしまいました。

信が自分がどうなっているのかわからない状態となり、羌瘣や河了貂の反応から察するに、かなり危ない状態であることがわかります。

この状態から信が再び立ち上がり、龐煖に勝つことはできるので切るのかとても気になってしまいます。

また他の誰かが、この戦いに参戦してくるのかも気になるところですよね!

それでは、2019年12月26日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新627話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介します。

<<キングダム漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新627話『龐煖が信に負ける!?』

 

信が覚醒し龐煖に勝つ?

やはり信は王騎に託された矛で、龐煖に打ち勝つことになるのでしょうか?

龐煖により命を奪われた王騎の仇を、信が取るといった話になるのが王道なのではないかと思います。

しかし信は前話で倒れてしまっており、かなりギリギリの状態であるといえます。

そんな状態で龐煖を倒すことが可能なのだろうか?

倒れる前に龐煖に放った一撃は、かなり強烈なものであり龐煖もふらつくくらいの威力でした。

ここで信が倒れる前の状態がまだ持続できるのであれば、龐煖を倒すこともできるかもしれない。

だが信はここまで来るのにも、負傷しています。

更には龐煖にも胴を斬られており、立てることが不思議なくらいの状態なのです。

そんな状態で龐煖を倒すというのは難しいかと思われますが、あの力がまだ残っていたら倒せるかもしれない。

龐煖は信に倒してもらいたいという気持ちがあるわけですから、信には何とか頑張ってもらいたいところですよね。

 

王騎や麃公の想いが信に憑依?

いつもの目と違い天を仰いで直立するさまは何かが、信へと降りてきたのではないかと感じさせるものがありました。

もしかすると625話で信を支え後ろに立っていた王騎や麃公といった信が関わってきた人物達が憑依することで、信に力を貸してくれるといった展開になるのかもしれない。

その後、信は倒れてしまっていたのを鑑みるに体にまだ馴染んでいないのかもしれません。

憑依とまではいかないかもしれませんが、もしかすると王騎などの霊が降りてきて信に助言をするなんてこともあるかもしれませんが、どうなっていくのか気になりますね。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新627話『信が覚醒する起因とは何か!』

 

信が覚醒する?

人は無駄な力が抜けると本来の力が発揮されるといった話を聞いたことがあります。

今の芯はボロボロの状態ではありますが、変に力が入っている状態ではなく皆の思いも乗っています。

それを考えると、部の境地に近いところにいるのは龐煖ではなく信なのかもしれません。

自分を限界に追い込むことで限界を超えるといった修行方法もありますが、龐煖は信との戦いの中でこれが起こっているのかもしれません。

実際、龐煖と戦っている最中に力がどんどん増していっている信。

最初は防戦一方だった信でしたが、龐煖への一撃で膝をつかせるまでになっているんですよね。

だからこそ、この戦いでさらに強さを身に着け龐煖を倒すというシナリオもありそうですよね。

 

誰かが殺されて信が怒りが爆発?

信がボロボロになってしまっている今、龐煖に勝てる力を信に与えるためには誰かの死なのではないだろうか。

王騎も摎を殺されたことで、龐煖の武に並ぶ力を発揮していましたよね。

飛信隊の誰かが、信をかばい命を落とすといったことになるかもしれない。

もうこれ以上飛信隊のメンバーには死んでほしくはないところすが、去亥も簡単に殺してしまいましたし、そのような展開にしていってしまう可能性は否めません。

河了貂が信の元に駆けつけているところをみると、河了貂が引き金となるのかもしれません。

さすがにこれから将軍になるという時に軍師がいなくなることはないかと思われるので、殺されそうになり、信が今までにない力を発揮するといった流れが自然なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新627話『信と龐煖の戦いの終止符』

 

信と龐煖の戦いの展開は?

15日目の朱海平原の戦いも、日が沈み終わりを迎えようとしている今。

両軍ともさすがに疲れが見え始めており、そんな中でぽっかりと円状に空いているところがある。

そこで信と龐煖がまだ戦っており、その戦いを李牧とカイネは丘の上で眺めている。

河了貂は嫌な予感がし信の元へと走り、再び信は立ち上がり龐煖と打ち合いが始まる。

飛信隊のメンバーも信に届くよう叫び、その仲間の叫びが信の力とり龐煖にまた強烈な一撃を放ち、龐煖は一瞬ふらついていた。

龐煖は体勢を立て直し信に強烈な一撃をお見舞いすると、それを受け信はまたもや膝をついて倒れてしまった。

倒れた信を見て飛信隊の渕や崇原もやめるように叫ぶが、信は再び立ち上がろうとする。

龐煖はその様子に、なぜ立ち上がり続けるのかわからないようだった。

何度倒しても立ち上がる信に、恐れを感じているのかもしれない。

飛信隊のメンバーが叫ぶ中で、信は再び立ち上がり龐煖に挑み一撃を加える。

そこに河了貂がたどり着き、状況を見て信の名を叫ぶ。

龐煖は信に矛を何度も振り下ろし信にも致命傷にはならないが、衝撃で徐々に消耗していく。

しかし、それでもなお立ち上り信は龐煖へと挑み続ける。

羌瘣もその姿を見て不安になり、泣きそうな表情で手を信に向かって伸ばす。

龐煖は信が立ち続けることに恐怖し打ち続け、信はそれを受け止める。

だが強烈な龐煖の一撃を受け、信はそのまま倒れてしまう。

そこに龐煖は容赦なく追撃するが、再び信は立ち上がる。

 

龐煖がただの人になることを恐れている?

信が何度も何度も立ち上がり挑み続けてくるのを目の当たりにし、龐煖は自分の力が本物なのか自信が持てなくなってきている。

信は龐煖を睨みつけ龐煖は、なぜ信が倒れても倒れても立ち上がってくるのか、わからない状態になっている。

龐煖は人を超えるはずの存在である武神ではあったが、こんなにも小さい信すら倒すことができないのかと自分の存在が小さくなっていく今を感じている。

自分は武神ではなく、ただの人であったということを認識している。

趙軍の兵士も龐煖の恐怖を感じ取ってか、龐煖は信に勝てないのではないかと考えている。

そこで援護することを決め、作戦を立てている。

李牧も龐煖の矛を握る力が弱まっていることに気付き、次で最後だろうと考えている。

龐煖は叫んでいましたが、その中には恐れを感じられました。

信も叫びお互いの矛がぶつかり、信はさらに矛に力を込める。

その時、龐煖の矛の刃が砕けたのだ。

これに皆が驚き、李牧さえもこの展開を予想できておらず噛み締めていた。

矛の刃が折れた龐煖ですが、信に背中を見せ矛が見えないよう死角から一撃を放とうとする。

だが信はそのまま挑みかかり、その時趙兵が槍を信に刺そうと投げたのだ。

さらに龐煖も死角から矛を突き刺そうとしたのであった…。

 

信と龐煖の戦いが終わる?

だが趙兵の動向に渕達が気づき槍を投げ、一騎打ちの邪魔をするなと田有と田永が立ちはだかり信を守りました。

龐煖の攻撃は刺さる寸前で避けられ、信はそのまま矛を振り下ろす。

その矛を何とか龐煖は矛の柄で受け止めたが信は力を弱めず、王騎・麃公・漂の想いを強くさせ龐煖へとのしかかる。

飛信隊のメンバーは言葉も発することができず、ただただ見守るのみだった。

龐煖と信は同時に叫び、矛に力を入れる。

その時信の矛が龐煖の矛の柄も折り、龐煖を肩から両断したのであった…。

<<キングダム628話に続く

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレのまとめ

今回は、2019年12月26日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新627話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介してきましたがいかがでしたか?

信がボロボロになりながら龐煖と接戦を繰り広げ、限界をとうに過ぎた信が倒れながらも起き上がる姿に胸が熱くなりましたね!

そんな信と龐煖の戦いも佳境という事で、その結末がどうなるのかに注目ですよね。

信の矛は龐煖を両断し次の話となるわけですが龐煖の死は確定という事で、朱平原の戦いもそろそろ終わることになりそうですね。

なにはともあれ、この先の展開からも目が離せないのは間違いないですよね!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト/映画公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.