漫画

キングダムネタバレ最新622話|信が激怒し龐煖を圧倒

キングダムネタバレ最新622話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年11月21日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新622話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

前回は羌瘣が命を投げ出すほど呼吸の深い境地に達し、龐煖との戦いに挑みました。

羌瘣が深い呼吸を必要としていたのも、龐煖が武の極みに達していたからだといえます。

だからこそ深い呼吸により羌瘣は、戦闘を優位に進め龐煖の左手の指を切り落とすほどの検討を見せてくれました。

しかしながら、呼吸は長く持つはずもなく龐煖の反撃を受け始めました。

羌瘣は龐煖に足をつかまれ地面に叩きつけられ、土に還れとばかりに反撃を仕掛けてきます。

そして飛信隊が突撃しようとした時でした、龐煖は羌瘣の身を飛信隊に向かって投げつけたのであった。

投げ飛ばされた羌瘣、それを受け止めたのは他ならぬ信であり、信と龐煖の戦いが幕を開けようとしていました。

それでは、2019年11月21日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新622話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介します。

<<キングダム漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新622話『信が激怒し龐煖を圧倒する!』

 

羌瘣の姿や仲間の死に信が激怒する?

深い呼吸が途切れてしまった羌瘣は、、龐煖に地面にたたきつけられていました。

飛信隊が羌瘣の救出のため向ってくると、龐煖は再び羌瘣を放り投げます。

そんな羌瘣を受け止めたのは、信でした。

こうなってくると、信と龐煖の一騎打ちは間違いなさそうですね。

また信は、ボロボロにされてしまった羌瘣の姿に龐煖に対する怒りがこみあげてくるというのも想像がつきますよね。

以前に今は亡き王騎も、龐煖に摎の命を奪われ怒りを増した場面がありました。

あの時の王騎の怒りのように信もまた怒りが糧となり、普段以上の力を発揮してくれるという展開も期待できそうです。

また飛信隊でいくと、去亥も龐煖の矛の前に命を落とすことになってしまいましたからね。

仲間を倒された怒りが、信にさらなる力を呼び起こしてくれるのではないかと期待してしまいますね。

 

王騎や麃公に対する思い?

信は王騎から託された矛を手にしていることからも、信の王騎に対する思いも湧き上がってくるのではないだろうか。

王騎と共に過ごした戦いの日々や、龐煖に王騎が倒されてしまったという過去。

思い起こせば少し前にも、麃公兵が亡き麃公の仇とばかりに龐煖に襲い掛かった場面もありました。

麃公兵と同じような気持ちを、麃公に可愛がられた信も抱いていてもおかしくはありませんよね。

だからこそ、亡くなった仲間や倒されてしまった羌瘣への思いは当然の事。

その他にも多くの敗者の思いを背負った信は、龐煖を凌駕してくれるのではないかと期待してしまうところですよね。

 

龐煖が信の強さに疑問を抱く?

様々な思いや怒りを燃やしながら戦う信は、龐煖を凌駕するかもしれません。

そんな信の底知れぬ力に対し、王騎にも感じたあの疑問を龐煖は感じることでしょう。

そして、龐煖が求める答えとは何なのか…。

余談となりますが612話において、李牧は約20年前に初めて龐煖に会った時に約束を交わしたと語っていた場面がありました。

そして、その約束を果たす日は今日であるとも語っていました。

だからこ信は、ここで龐煖に対し何を語るのかとても興味深いところですよね。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新622話『李牧に攻め入る刃は誰?!』

 

倉央や糸凌が李牧に仕掛ける?

次回の話しでは龐煖と信の一騎打ちの他に、李牧に迫る危機も描かれる可能性と言うのは非常に高い。

その1つといえるのが、倉央や糸凌が李牧に迫る可能性です。

ちなみに糸凌には馬呈が対峙しているわけですが、糸凌が馬呈を倒し李牧に迫る可能性も十分に考えられます。

そうなれば、李牧の首を狙うのは倉央や糸凌になるのかもしれませんよね!

 

段茶隊が李牧本陣に攻め入る?

他にも気になる点と言えば、段茶隊の行方です。

馬南慈軍が秦右翼の飛信隊の背後を討つのを防いでいた段茶隊。

しかし、現在はその姿が消えているというのも少し気になります。

馬南慈軍を追い翦本陣の救援に向かうのではとも考えられますが、その姿はまだ描かれていません。

また王翦は、田里弥軍に合流しようとしていましたよね。

だとすれば段茶隊は、秦右翼軍の背後から李牧本陣に向かう事も可能という事になります。

王翦本陣を救うために動くよりも、李牧本陣を狙った方が早いとも考えられます。

どう判断しているのかはわかりませんが、段茶隊が李牧本陣に迫るという可能性もゼロとは言い切れませんよね。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新622話『王翦本陣はの次なる行動は!』

 

蒙恬が傅抵を?

また622話では、王翦本陣の動きがそろそろ描かれるかもしれません。

その一つとして考えられるのが、王翦本陣を背後から襲い傅抵を蒙恬が倒す展開です。

とはいえ肉体的にも限界の近い王賁は、傅抵を倒すほどの力はないのではないかと思います。

しかしながら蒙恬には、余力がまだ十分に感じられます。

力量さだけで考えると公式ガイドブックによれば、蒙恬の武力は89で傅抵の武力は90とありました。

武力だけで考えれば、傅抵に分がある戦いということになります。

ですが蒙恬は馬南慈の右目から光を奪うといった、数字に表れない強さがあるようにも感じられます。

それだけに秘めた力を発揮することができれば、蒙恬が傅抵を倒すという可能性もゼロとは言い切れませんよね。

それだけにどんな戦いになるのか、気になってしまうところです。

 

王翦が傅抵を?

上記以外の可能性を考えると、王翦本人が傅抵を討つというのもありえます。

上記でもお伝えしましたが、武力の数値だけでいけば蒙恬が89で傅抵は90となっていました。

数字だけで考えるならば、傅抵が蒙恬を倒すということになります。

とはいえ武力数値の差を見てもわかる通り、その差はわずか。

傅抵が蒙恬を倒せたとして、無傷で済むほど安易な戦いにはならないでしょう。

そんな傷を負った状態の傅抵を、王翦が直接倒すということもあり得ます。

知略の深さが王翦の強みといった印象があります。

しかし王翦の無力数値は93であることからも、李牧と同じように王翦も武に優れた将軍だといえますし、どうなってくるのか楽しみですね。

<<キングダム623話

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレのまとめ

今回は、2019年11月21日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新622話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介してきましたがいかがでしたか?

命を投げ打つほどの深い呼吸に達し、龐煖を倒そうと戦う羌瘣。

龐煖の左手の指を切断し、かなり戦いを優位に進めているよう思ったのも束の間。

呼吸が乱れてしまい龐煖の猛反撃を喰らう展開となり、自分に叩きつけられてしまった羌瘣。

そんな羌瘣のピンチに表れたのは、やはり飛信隊の対象である信でした!

命を燃やしボロボロになってしまった羌瘣の姿に、信は龐煖に対する怒りを爆発させ凌駕してくれることに期待したいところです。

また龐煖が求める”答え”を信から見出すことができるのでしょうか。

もしかすると、信がそれについて語る場面も登場するかもしれませんが、その”答え”が何なのかも気になるところですね!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト/映画公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.