漫画

キングダムネタバレ最新621話|麃公兵が龐煖に戦いを挑む

キングダムネタバレ最新621話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年11月14日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新621話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

龐煖と羌瘣の一騎打ちの戦いが、今まさに始まろうとしています。

この戦いの勝敗によって、今後の戦局を大きく揺るがすことは間違いなさそうです。

龐煖と羌瘣どちらも、武術に関してはかなりの強さを誇っているます。

こればかりは、どちらが勝利してもおかしくはないですが、この戦いの行方がどうなるのか気になるところです。

それでは、2019年11月14日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新621話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介します。

<<キングダム漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新621話『姜瘣が攻め込む!!』

 

龐煖は羌瘣には倒せない?

羌瘣と戦うことになった龐煖ではありましたが、どのような展開を見せるのだろうか?

まず一つ考えられるのは、羌瘣は今回も龐煖を倒せないこと。

戦いに関して呼吸の制限がある羌瘣に対し、武神である龐煖は呼吸の制限がないと言われていました。

もし羌瘣が龐煖を倒すとなれば、呼吸の深さによる短期戦となるでしょう。

そう勝負を短期に持ち込む必要があるという事なのですが、ただ信と龐煖の戦いは2人にとって答えを求める戦いでもあります。

612話「答えを持つ者」において李牧は言っていました。

李牧自身は答えに導く者であって、答えを持つ者は別の人間であると。

そしてそこに描かれていたのは信の姿で、その答えを知らないうちに龐煖が死ぬという展開も考えにくいところ。

また620話のラストで、羌瘣は信を龐煖と戦わせないと考えていまし。

ただこの気持ちは、少し力が入りすぎている気がしました。

力みが入っているよりは、リラックス状態の方が力は発揮しやすいと思います。

この戦いが始まる前は、守るべき人がいる羌瘣に分があると思っていました。

しかし、ここまで力んでしまっているとなると話は変わってきますよね。

また単行本16巻の169話「死線」で、李牧は龐煖についてこう語っていました。

我欲(がよく)を捨てし求道者(ぐどうしゃ)の龐煖が 九年前の復讐の塊となってしまっている

求道者が道を外れては意味がない

無我の戦いこそ 龐煖の本来の姿

そこに立ち帰れば 龐煖は無敵のはずです

この言葉からも復讐心など何かの感情に捉われることが、力を発揮できない原因になり力が抜けた状態が無敵に近づくことになるはず。

また龐煖がこの本来の「無我の戦い」を行うことができていれば、無敵に近い戦いができることになりますよね。

羌瘣も勝負所と思える場面だけに力が入ってしまうのも仕方ありませんし、もしかすると羌瘣は信に対して恋心を抱いていたりするのかもしれませんよね。

しかし力がこれだけ入っている状態では、「無我の戦い」を行う武神・龐煖は倒せないのではないかと予想しています。

 

羌瘣は致命傷を負わない?!

力み過ぎ勝つことはできないであろう羌瘣ですが、龐煖に殺されるところまではいかないのではないだろうか。

力み過ぎた状態ではあっても、羌瘣の呼吸の深さはこれまでの比ではないものだと思うからです。

620話でも羌瘣の刃は、龐煖をしっかりと捉えているように思えました。

龐煖が傷ついて万全の状態ではないのであれば、龐煖は羌瘣を仕留めるところまでいかないのではないでしょうか。

そして羌瘣が絶体絶命のピンチになったところで、あの人物が登場してくるなんていう展開になるのではないかと予想しています。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新621話『姜瘣の窮地を助けるために信が!?』

 

信が満を持して登場する?

羌瘣がピンチに陥れば、ここから信が登場する場面ですよね。

ただ信は今のところは、疲労やケガから一般兵をはじき飛ばせなくなってしまっています。

去亥が龐煖に倒されたことで怒りを増すことがあるのかと思っていましたが、まだ620話ではまだそこまでは描かれていなかったんですよね。

621話で、そうした場面が描かれるのかも気になるところです。

要するに信が敵をはじき飛ばすほどの力が蘇るキッカケが何かあれば、そこから信は力を増し周りの敵をはじき飛ばし龐煖の前に登場する可能性があるという事です。

そのキッカケはもしかしたら、羌瘣が倒されることなのかもしれませんよね。

 

麃公兵が龐煖に戦いを挑む?

620話では麃公の仇討ちのため、岳雷や我呂が龐煖に戦いを挑もうとした場面も描かれていました。

その前に羌瘣が龐煖の前に現れたので、この2人はまだ龐煖と戦っていません。

しかし羌瘣が龐煖に倒されそうになったその時、この2人が参戦してくる可能性も大いにありそうですよね。

 

弓矢兄弟・淡が登場する?

また河了貂を救った弓矢兄弟の弟・淡の矢が、龐煖を襲うなんてこともあるかもしれない。

兄・仁の危機を救うため、はじめて人を討つことになった淡。

しかし、その矢の威力はすさまじいものがありましたよね。

河了貂を救うために放たれた淡の矢でしたが、同じように羌瘣を救うために龐煖に向かって放たれるのなんてこともありえる。

龐煖も羌瘣に手傷を負わされる展開になってますが、信たちに比べるとまだ疲労や傷はそれほど深くない。

何か龐煖に不利な状況が訪れなければ、羌瘣や信が龐煖を倒すことは厳しいかもしれませんよね。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新621話『王翦将軍の向かう先と戦いの行方は?』

 

糸凌が馬呈を倒す?

そして李牧本陣に迫っているのは、飛信隊だけではありません。

倉央や糸凌も李牧に迫っていましたしたよね、糸凌が共伯を倒した後でこの糸凌の前には馬呈が姿を見せました。

龐煖が羌瘣との戦いを繰り広げている中、一方で糸凌と馬呈の戦いも始まっているはず。

そうなってくると、こちらの勝負が621話で描かれる可能性もありそうですよね。

そして糸凌が馬呈を倒すことがあれば、李牧の危機は高まることでしょう。

龐煖も李牧の指示に従い動く、というよりも半ば本能のままに行動している印象があります。

また信がいるから「答え」を求めるため、ここに現れた可能性が高いと考えられます。

李牧を守るため龐煖が動く訳ではないとすれば、糸凌が李牧に迫るなんてこともありえそうです。

 

李牧を倒すのは信?!

ただ李牧を倒すのは信ではないだろうか。

そんな伏線が、620話では描かれていたようにも感じるんですよね。

王翦と共に行動をしていた蒙恬は、右からの攻撃が最も李牧に迫っていることを知っています。

そこで、蒙恬はこう思っていました。

王翦将軍は何としても助ける

だからあとはお前が李牧を討つだけだ

この場面、信が李牧を討つ伏線だとすると、かなり面白くなってきそうですよね!

<<キングダム622話

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレのまとめ

今回は、2019年11月14日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新621話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介してきましたがいかがでしたか?

龐煖と信の対決結果によって、王翦将軍が和睦を求める形になっていくのではないかと予想しています。

しかしながら李牧が王翦軍の中でやっかいそうと感じたのには、倉央軍の糸凌もいるんですよね。

そうなってくると、馬呈を倒し糸凌が李牧へ向かうという可能性も有りそうなだけに展開が気になってしまいます。

どんな結果になってしまうのか、これは次回も目が離せませんね!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト/映画公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.