漫画

キングダムネタバレ最新619話|龐煖登場で去亥が命を落とす

キングダムネタバレ最新619話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年10月24日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新619話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

力に醒めた淡がの矢の威力は、とてつもない威力を発揮した前回。

矢一本で大人の頭を吹き飛ばし体に当たれば鎧ごと体を貫通するそれは、まるで銃弾のような凄まじいものでした。

飛信隊にとって強力な戦力が増えたといえますが、ここで心配なのは兄の仁です。

馬の下敷きになってしまい気を失ったままですが、既に命を落としているなんてことはないはずです!

また金毛を倒したことで戦況が、どのようにへん

それでは、2019年10月24日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新619話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介します。

<<キングダム漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新619話『糸凌 対 馬呈の戦いに!』

 

金毛を倒し前進する飛信隊!

淡は、河了貂のてに刺さってしまった矢を抜き取り手当をしていた。

しかし河了貂は、自分はもう大丈夫だからと仁を見てくれと言い淡に感謝をすると、将軍である金毛を倒したのは大手柄であると讃えた。

そして意識を失ってしまった仁に対しても河了貂は感謝し、絶対に命を落としてはいけないと仁に語りかけ、河了貂は馬にまたがると戦線へと復帰していった。

各隊の動きを全て教えてくれと叫び敵は指揮官を失った、今のうちに息を合わせ攻めていくことができれば、ここは抜けると声を上げた。

 

金毛軍から李牧への伝令?

金毛軍本陣では、金毛が討たれてしまったことに対し動揺をしていた。

さらには目の前まで、飛信隊が迫ってきていた。

金毛軍の関備は、急いで後ろの李牧様に伝令をしろと叫んでいた。

今すぐ退避をしなければ、守備がかなわず飛信隊が来てしまうと。

左からの喚声に気づいたカイネは左が飛信隊に抜かれたのではと心配をしていましたが、目の前の糸凌が大剣を振り下ろしてきていた。

双剣で糸凌の剣を防いだカイネではありましたが、馬ごと吹き飛ばされまうのだった。

吹き飛ばされたカイネの頭を片手で掴み止めたのは、紀彗軍の馬呈であった。

馬呈は、城主に李牧様を救いに行けと言われて来たという。

しかし逃したりする小難しいことは苦手だと言い、カイネに李牧様のところへ行くよう伝えるのだたった。

そして馬呈は、ここは自分が受け持ってやると続け糸凌 対 馬呈の戦いが始まろうとしていた…。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新619話『信も羌瘣も限界!?現れた武神!!』

 

左と前での攻防戦?

飛信隊は、李牧本陣の守備兵のところまで迫っていた。

飛信隊副長である楚水は、騎兵団の底力の見せ所だと叫んだ。

そして”獄突陣(ごくとつじん)”で突き進むよう命令をすると、飛信隊の歩兵長である崇原は騎馬の間をすり抜けて行くよう命令をだした。

歩兵の押し込みが敵の士気を奪うという。

李牧本陣の守備兵は、信だけでも止めようと一斉に信への攻撃を開始する。

本調子ではない信は、敵を弾き飛ばすことができず防戦一方の状態に。

この状況を見ていた飛信隊副長の渕は、信が深手を負ったまま戦い続けていることに、当然であると考えていたのだった…。

 

力を温存させる羌瘣?

一方で羌瘣は、馬上で睡眠をとり体力を回復させていました。

羌瘣もずっと消えたままの状況になっている中、渕は羌瘣が一人で何度も敵軍の中で戦っていたことを思い出していました。

信と羌瘣の二人が限界まで戦ってくれたお蔭でここまで来れたのだと、ここからは隊の力で二人を助け李牧を討つと決意をする。

そして渕は飛信隊全員へ、これが本当に最後の戦いだと号令したのであった。

狙う敵総大将である李牧はもう目の前にいる、死力を尽くせ、全てを出し尽くせという渕の号令に、飛信隊は大声で返事をし更に勢いを増すのであった…。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新619話『龐煖登場で去亥が命を落とす!?』

 

現れた武神!?

遂に去亥が李牧本陣をとらえた!

しかしながら、そこに李牧本人がいることに驚きを隠せません。

近衛兵は李牧に対し早く撤退をするよう言うのですが、李牧は何故か全く動こうとしません。

そこにカイネが駆けつけ、動かない李牧へ早く後方へ脱出するよう伝えます。

しかし、それでも李牧は動こうとはしませんん。

そんな中で河了貂は、先頭の去亥達にそのまま突っ込むよう命令をする。

さらに那貴隊に右に回り込むよう指示を出し、李牧の退路を断とうと動き出します。

そして河了貂は、ここで李牧を取り逃がしてはダメだと言うのであった。

カイネは李牧に脱出するよう必死で伝えるのだが、そんなカイネの顔に李牧は手を添える。

自分は冷静だから安心するよう李牧は、カイネに告げるのであった。

そして、まだ飛信隊がここまで来ると決まったわけではないというのであった…。

 

 

去亥のあっけない幕引き?

目の前には李牧本人がいる!そこで去亥は皆に前進するよう命令を出します。

そして去亥は、松佐を思い出していました。

松佐の死は無駄ではなかった、ついにここまで飛信隊はと考えていました。

しかし、その瞬間でした巨大な矛が飛信隊の先頭を襲いかかります。

次々と飛信隊の兵士達が馬ごと両断され、その矛は去亥にも迫ってきたのです。

目に涙を浮かべ、去亥は信のことを考える。

すると、そのまま巨大な矛で馬ごと去亥は体を両断されてしまったのであった。

この様子を窺っていた李牧は、”あなた達”の”結末”をしっかり見届けますよと、龐煖へと心の中で語りかけていた…。

去亥の死を見てしまった信。

そして馬上で寝ていた羌瘣は目を覚まし、同時に巫舞の呼吸をはじめるのであった…。

<<キングダム620話

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレのまとめ

今回は、2019年10月24日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新619話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介してきましたがいかがでしたか?

やっと飛信隊が、李牧本陣を急襲はじめましたね。

とはいえ、信の調子は未だ思わしくなく先行きに不安を感じずにはいられない状況。

そんな中での去亥の戦死と龐煖の登場により、今の信が龐煖と戦う力があるのかが心配なところです。

そんな中で次回、目覚めた羌瘣が武神とどんな戦いを見せてくれるのかが楽しみですね!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト/映画公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.