漫画

キングダムネタバレ最新618話|趙の柱の金毛が命を落とす

キングダムネタバレ最新618話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年10月17日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新618話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

前回は金毛に狙われた河了貂が、落馬してしまい右掌を矢で射抜かれてしまいました。

そして目の前には、趙軍の計布の矛が迫まってきていた。

そんな絶体絶命の河了貂を救ったのは、弓矢兄弟の弟である淡であった…。

それでは、2019年10月17日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新618話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介します。

<<キングダム漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新618話『弓矢兄弟・仁の命の行方は?』

 

絶体絶命の河了貂!

落馬してしまった河了貂に計布の矛が迫っていたが、計布の顔に矢が突き刺さった。

その矢は計布の左目を射抜いており、河了貂は絶体絶命の危機から助かることができた。

矢を放ったのは弓矢兄弟の兄の仁であった、仁は河了貂の方へと走りながら矢を放っていく。

そして河了貂に、早くこちらへ来るようにと仁は叫んだ。

金毛は張干に対し矢を放つよう命令し狙いを定める張干であったが、弓を持つ張干の左手を仁の矢が刺さったのだった。

そして、金毛軍の弓兵はあと一人。

金毛は弓兵に仕止めるよう言い放ちますが、仁の矢が弓兵の首に刺さるのであった。

走りながら矢を放つ仁に驚く金毛軍であったが、金毛は今度は槍で刺し殺すよう命令するのであった。

 

気を失ってしまった仁!

仁は頭を狙ったのだが、首から外れたあたりに妙な違和感を覚える。

それは走っていたからでも手の傷のせいでもなく、弓の限界を感じたからであった。

仁は河了貂に頑張るよう叫び、河了貂の近衛兵達も助けに向かおうとしたがが、金毛軍の兵士達が邪魔をしてくる。

金毛軍の残りは、五人で矢の残りも五本となっていた。

一矢も外せないと考える仁ではあったが、そんな中で仁の弓が折れてしまったのだった。

仁は弓を捨て河了貂の方へ全力で走り、河了貂は仁に逃げるよう言う。

しかし、河了貂は躓いて転んでしまった。

転んでしまった河了貂を金毛軍の兵士が矛で狙うが、仁は馬の足に飛びつき馬を転倒させる。

そして馬の下敷きになってしまった仁は、踏みつけられ体からはバキバキバキという生々しい音が響き、そのまま気を失ってしまったのだった…。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新618話『淡が覚醒し河了貂を救う?』

 

兄を守る淡!

仁の体を張って、馬を止めた姿に金毛軍も驚きを隠せずにいた。

そして意識を失っってしまった仁の髪を掴むと、金毛軍の兵士は持ち上げる。

矛先を仁の首に突き刺し、そのまま仁を殺そうとする。

だが矢が、金毛軍の兵士の頭を吹き飛ばしたのであった。

矢一本で、兵士の頭を吹き飛ばしたのは弟の淡であった。

そして淡は、兄ちゃんを傷つける奴は絶対に許さないと叫ぶのであった。

 

力に目覚めた淡

淡が力に目覚めたようで、さらに矢を放っていく。

淡の矢は金毛軍の兵士の頭を吹き飛ばし、その矢の威力に金毛軍も驚いていた。

しかし金毛は河了貂さえ殺せばいいと、河了貂だけを狙わせます。

しかし、淡の矢が次々と金毛軍の兵士の頭を吹き飛ばしていく。

そして、残るは金毛ただ一人となった。

金毛は馬の上から剣で河了貂を狙うが、淡の矢が鎧ごと金毛の体を貫通するのであった…。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ最新618話『趙の柱の金毛が命を落とす?』

 

落馬した金毛!?

淡に体を矢で射抜かれた金毛は、そのまま落馬してしまった。

そして河了貂は仁を抱きかかえ、意識を失っている仁に、仁のお蔭で助かったと感謝する。

だが再び金毛が立ち上がると、河了貂に向かって語り始めた。

「ふざけおって、飛信隊、ガキ共が、ここはガキ共の夢追い場ではない。

ここは、国を背負う大人達の戦いの場だ。」

慶舎(けいしゃ)様も岳嬰(がくえい)も、口には語らずとも多くのものを背負って戦っていたと金毛は語った。

戦場に夢を見る貴様らのような奴らがいるから、戦争がなくならないのだと金毛は叫んだ。

しかし、それは違うと河了貂が語りだす。

戦争が無くならない原因の源は金毛達の方だと河了貂は言うが、でもそれも否定はしないと続けた…。

 

金毛の最期!

更に河了貂は思いはそれぞれであり、自分達の思いも決して子供じみたものではない。

ただ、今は戦争だから互いにぶつけ合うしか仕方がない、仕方がないから信はいつもこう言うのだと言う。

「金毛、お前の思いもオレ達が背負っていくって…」

その言葉に驚いた表情を見せた金毛であったが、貴様らに自分達の思いが分かってたまるかと返したが、それに対し河了貂は分かると答える。

ちゃんと分かるから信は強いのだと、そして飛信隊もそうなのだと…。

両膝を地面につく金毛は、なぜ黒羊で慶舎様が飛信隊の信に討たれてしまったのか、少し合点がいったと金毛は考えていた。

そして金毛は、河了貂に言います。

そんな大層なことは自分達に勝ってから言えと…。

金毛は横目で淡がこちらへ弓を向けているのを確認する。

そして自分は趙の柱の一つ、勝つのは我ら趙軍だと叫び剣を振り上げたのであった。

すると、その瞬間に淡の矢が金毛の頭を射抜いたのであった…。

<<キングダム619話

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレのまとめ

今回は、2019年10月17日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新618話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介してきましたがいかがでしたか?

遂に力に醒めた淡がの矢の威力は、とてつもない威力を発揮していましたね。

矢一本で大人の頭を吹き飛ばし、体に当たれば鎧ごと体を貫通する。

それは、まるで銃弾のような凄まじい威力でした。

飛信隊にとって強力な戦力が増えたわけですが、心配なのは兄の仁の方です。

馬の下敷きになってしまい気を失ったままですが、大丈夫なのか気になるところ。

既に命を落としているなんてことはないと思いますが、金毛を倒したことで戦況が大きく変わりそうな予感がします。

次回は、朱海平原の戦いに決着がつくのか楽しみですね!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト/映画公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.