漫画

鬼滅の刃ネタバレ最新197話|禰豆子の到着で変わりゆく戦況

鬼滅の刃ネタバレ最新197話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2020年3月9日発売の週刊少年チジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新197話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

前回の展開では禰豆子が人間であった時の記憶がよみがえり、ほぼ人間に戻ったような印象を受けました。

となってくると、禰豆子はもう鬼ではなくなったのか気になってしまいます。

また珠世の薬のおかげで、無惨が血を吐き、細胞が破壊されていたわけですが、これによって無惨を倒すことができる可能性が高まってきたようにも思えます。

となってくると気になるのが、無惨を倒すことができるのか、禰豆子はどうなるのかといったところですよね!

それでは今回は、2020年3月9日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新197話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしていきます。

<<鬼滅の刃|漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新197話『これからの戦況はどうなってくる?柱はまだ戦える!?』

 

無惨を炭治郎は倒せるのか?

これまでの話の流れから推測するに、炭治郎が日の呼吸十三の型がしべ手の型を繋げたものであると理解し、珠世・縁壱のおかげもあって、やっと突破口が見えてきたようにも思えます。

更には、伊黒も盲目にはなりつつも戦線へと復帰し、無惨を押している状況というのも好機といえます。

しかしながら、無惨は自分の置かれた状況が不利であると思うや否や、一目散に逃亡を図りました。

それでも炭治郎と伊黒は、無惨に追いつき更に追撃を試みています。

そうであっても無惨は隙あらば逃亡を図り逃げてしまうのかと思われましたが、珠世の薬のもう一つの効能により細胞分裂することができず縁壱の時のように逃げることは難しい状況にあります。

とはいっても無惨にして見れば、こんな悪状況のまま戦うというのは不利でしかありませんし、生きる事への執念が尋常ではない無惨の事ですから”逃げ”を選ぶのではないだろうか。

その隙を作らせないためにも炭治郎は、縁壱が付けた傷に日の呼吸十三の型を打ちこむ必要があります。

これが出来たとすれば、無惨を倒すことも可能になるのかもしれませんよね!

 

致命傷を負った柱はまだ戦えるの?

現状は炭治郎と伊黒の2人が、無惨を追い込むという形になっています。

しかし、このまま決着というわけにもいかないような気がしてしまいます。

ここで気になってくるのは、他の柱たちはどうなっているのかです。

柱たちはみな無惨の攻撃によって吹き飛ばされており、致命傷のようなケガを負ってしまっているんですよね。

悲鳴嶼は足がない状態ですし、義勇も右腕が切り離されてしまっていました。

それぞれの状態は、明確にはわかっていませんが、なかなかの負傷具合ではないかとだ推測されます。

とはいえ愈史郎ががれきから助け出されてからは、ずっと治療を行ってますが悲鳴嶼はもう戦えない状況でした。

他の柱たちや炭治郎の同期の3人は、今どういった状況になっているのか気になってしまいます。

とはいえ愈史郎が懸命に治療に当たっており、また村田も血清を皆に打とうとしていました。

となってくると、この治療によって誰かしらは復帰してくる可能性があります。

柱の全員が赫刀にすることができ熱い展開になったと思ったら、まさかの一瞬で全員瀕死状態になってしまったわけですから、もう少し柱の活躍を見たいものですよね!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新197話『禰豆子の到着で変わりゆく戦況!?』

 

戦地に禰豆子が到着で状況が変わる?

現在単位労たちが無惨と戦っているであろう街、その外れにやっと現れたのは禰豆子でした。

走っている最中にも人間に戻るための薬が効いていたようで、禰豆子は人間の姿に戻ってしまっていたようですが、これで禰豆子は完全に人間に戻ってしまったのでしょうか?

禰豆子の血気術である爆血により、皆が苦しめられている無残の毒を解読すると思っていただけに、人間に戻ってしまったとなっては雲行きが怪しくなってきたような?

なにせ禰豆子の血気術の爆血は、鬼の細胞のみ燃やすことができますからね。

そのことから無惨の血のみを燃やすことが可能と考えられるため、無惨の血によって汚染されてしまった炭治郎をはじめ柱たちさえも爆血で燃やすことで、解読されるのではないかと考えていたんですよね。

それだけに禰豆子が、人間化していても爆血を使うことができるのか気になるところですし、皆の無惨の毒をどうにかしてほしいものです。

ただ戦況だけで考えると、禰豆子の存在は不利になってしまう可能性も十分に秘めています。

それというのも禰豆子は、日光を克服した唯一の鬼であったため、その力を我がものにしようと無惨が狙ってくると考えられるからです。

無惨に食べられる前に皆を毒から助けるというのも厳しそうではありますが、禰豆子には気を付けつつ頑張って欲しいところですね!

 

無惨が禰豆子を何としてでも取り込む?

上記でも少し触れましたが、無惨は禰豆子の太陽を克服する力を欲しがっています。

だからこそ、その禰豆子が目の前に現れたとしたら、真っ先に禰豆子を狙ってくるのは間違いなさそうですよね。

とはいえ、無惨の行動に対応できるものなのか気になってしまいます。

もしかすると、このまま無惨に禰豆子が食われてしまう可能性だって十分にありますからね。

そうなってしまっては、無惨の弱点はなくなってしまいます。

また炭治郎にとって一番大切な妹である禰豆子を失ってしまっては、戦う気力すら失ってしまうかもしれません。

そうならないためにも禰豆子は、無惨に捕まるようなことにならないといいですが、いったいどんな展開になってくるのか気になってしまいますよね。

こうなってくると無惨に食べられてしまう展開もありうると、かなりの覚悟してみないといけないかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新197話『夜明けを迎えた無惨と新しい”柱”の誕生!?』

 

夜明けを迎えた無惨は?

無惨が弱点とする日光、必死で闘いながらも夜明けを待つ炭治郎達。

とはいっても夜明けまではまだ少し時間があるようで、このまま夜明けまで耐え凌ぐことができるのだろうか。

烏が夜明けまでの時間を告げ、それまで耐え続けるのが今回の無惨との戦いになっている。

ここで気になる点は、夜明けになってからどうするのかということではないでしょか。

無惨は太陽の光を浴びることで、他の鬼と同じように死んでしまうからこそ、日光を恐れています。

となると夜明けになってしまったら、無惨を逃がしてしまうことになりかねません。

そして今炭治郎たちに追い詰められている現状、また縁壱の時のように逃げ回ることで寿命が来るのを待つ可能性も考えられます。

そうなってしまっては、今までと同じ繰り返しになってしまいます。

無惨を倒すことが目的となっていますが、夜明けと倒すことと結びつかないような気もしてしまうんですよね。

夜明けが近づくにつれて無惨が弱ってくということもなさそうですし、夜明けまでにけりを付ける必要がありそうではありますよね。

でも、この考えも違うという事なのでしょうか?

何はともあれ夜明けがカギになってくるのは間違いなさそうですし、どのように無惨を倒すのかというのにも期待ですね!

 

炭治郎を中心に新しい”柱”が誕生?

柱である悲鳴嶼と義勇は足や腕がない状態になっていました。

そこから察するに、もしかしたら宇髄の時のように柱を引退するという可能性も出てきてしまいましたよね。

今回は愈史郎がいてくれたからこそ、もしかしたら切断された腕や足をくっつけることもできるかもしれません。

しかしながら、できなかった場合は同じように引退となるのは間違いないさそうです。

そうなってくると、これからの活動のためにも柱を補充しなくてはなりません。

そこで炭治郎や炭治郎の同期であるカナヲ・伊之助・善逸が柱に昇格する、なんてことがあるかもしれませんよね。

今回の戦いでの功績からも、十分に考えられることだと思いますが、個人的にはもう少し現柱の活躍も見たいだけに、どうなってくるのか気になってしまいます!

<<鬼滅の刃198話に続く

 

スポンサーリンク

「鬼滅の刃 ネタバレ 最新 確定」まとめ

今回は、2020年3月9日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新197話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしてきましたがいかがでしたか?

前話では禰豆子が人間へと戻り、珠世の薬によって無惨の細胞が破壊されていく様子が描かれていました。

このことから推測するに、戦況はだいぶ炭治郎たちの優勢になってきていると考えられます。

とはいけ、このまま何事もなく無惨を倒すことができるのか少し疑問が残るところ。

また気になる点としては、無惨が禰豆子の日を克服した力を得るために食べてしまわないかという点。

最悪の想定をするのであれば、無惨は太陽を克服してしまうという事になりますが、そうなってしまっては今後どうなるのか想像もつきません。

ここはなんとしても禰豆子には生き残って欲しいところですが、どんな展開になるのか次回も目が離せませんね!

関連サイト:週刊少年ジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク