漫画

鬼滅の刃ネタバレ最新193話|甘露寺の今後の参戦はありえるのか

鬼滅の刃ネタバレ最新193話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2020年2月10日発売の週刊少年チジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新193話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

前話では、やはり炭治郎が夢の中で日の呼吸十三の型のヒントを得ていることがわかりましたね。

それは1~12の型を繋げて打つという事でしたが、それを夜明けまで続けるというのは厳しそうですよね。

また気になるのは炭治郎を助けるために駆け出した禰豆子の行方ですが、まだ到着していないというのもですが無惨との戦いにどう関わってくるのかも気になりますよね。

それでは今回は、2020年2月10日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新193話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしていきます。

<<鬼滅の刃|漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新193話『炭治郎だけで勝機はあるの?柱の復活は!?』

 

炭治郎だけで無惨に勝てる?

炭治郎は日の呼吸十三の型が、今までの一から十二の型全てを繋げたものであると理解しました。

とはいっても相手は無惨、戦いの中で全ての型を繋げるというのは至難の業。

またこれを連続して放ち続けるというのは、体力的に考えても厳しいと言えるでしょう。

しかしこれができなくては無惨は倒せないと、炭治郎は夜明けまで放ち続けることを心に決めました。

かなり難しいのは承知の上ですが、日の呼吸十三の型を無惨に連続で打ち込むことはできるのでしょうか?

日の呼吸十三の型で、無惨の全部の脳と心臓を連続で斬ることができれば勝機も見えてきそうなものですがこればかりはわかりません。

でも当て続けることができるなら、夜明けまで耐えなくてももしかしたら倒すこともできるかもしれないだけに期待したいところですね!

 

柱たちは参戦できるの?

しばらくのところは炭治郎と無惨の一騎打ちとなりそうですが、このまま決着というてんかいにはならなさそうですよね。

となると柱たちは、どうなっているのか気になるとこですよね。

現在、柱たちはみな無惨の攻撃により吹き飛ばされてしまい、致命傷と言えるほどのケガを負ってしまっています。

悲鳴嶼は足がない状態で、義勇も右腕が切り離されてしまっているんですよね。

それぞれの状態はまだわかってはいませんが、かなりの負傷ではないかと思われます。

愈史郎が瓦礫から助け出されたので、治療することができますよね。

しかし皆を治すのにも時間がかかってしまうのはもちろんですが、無惨がそれを許すとも考えられませんよね。

となってくると柱たちがこれから無惨との戦いに参戦するというのは、なかなか難しいと考えるのが妥当なところ。

柱が全員赫刀にすることができ勝機が見えたとさえ思った熱い展開になったと思った途端、まさかの全員瀕死状態というのは何とも辛いところ。

もう少しでいいから柱たちの活躍を見たかったものですよね…。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新193話『甘露寺の復活と禰豆子の到着は!?』

 

甘露寺は今後の参戦ない?

甘露寺は伊黒に助けられて以降、登場していないんですよね。

となると愈史郎は炭治郎の治療も終わっているので、次は甘露寺の治療へと向かう可能性は考えられますよね。

伊黒は甘露寺を安全なところに避難させ、1人無惨の元へ戻って行ってしまいました。

甘露寺も伊黒のことを想っているとすれば、甘露寺の行動も予測できそうです。

自分を思う伊黒が自分を守って安全なところに避難させてくれ、そのまま無惨のところに戻ってしまった。

そんなの甘露寺の気持ちを考えたら、耐えられないのではないでしょうか?

なによりも甘露寺は、もう誰も死んでほしくないと思っているんですよね。

だからこそ愈史郎に治療された甘露寺が、皆を助けるために戦いに戻ってくる可能性も高いですよね!

 

禰豆子の到着はまだ?

炭治郎が目覚めることができましたが、心配し目覚め走り出した禰豆子の行方が気になるところ。

炭治郎の元へと走り出してから、いまだ登場のない禰豆子がどうなったのか。

まだ登場していないという事は、禰豆子ところから炭治郎のところまではだいぶ距離があるという事なのでしょうか?

もしくは、ただ時間があまり進んでいないという事なのかもしれません。

禰豆子は今も炭治郎を思い救いたいと頑張って走っているところなのでしょうか?

とはいえ目覚めた炭治郎も、まだ右目は無惨の毒の影響で見えないまま。

そこで禰豆子が完全に解毒することができるのではないだろうか、なにせ禰豆子には鬼の細胞のみを燃やすことができる血気術の爆血がありますからね。

それらも考慮すれば茶々丸が柱たちに持ってきた血清も、禰豆子から作られたのかもしれませんよね。

だとすれば無惨の血の身よ燃やすことができるということになります。

炭治郎や柱たちは今まさに無惨の血によって汚染されているわけですから、禰豆子の爆血で燃やすことができれば毒も消え万全の態勢で闘えそうなものです。

その為にも禰豆子が早く到着することを祈りたいものですよね。

 

無惨戦が終れば?

話もだいぶ佳境となっているだけに、最近ネットでも話題に上がっているのが”無惨を倒した後の展開”がどうなっていくのかです。

当初の目的としては、”無惨を倒す!”これでした。

しかし、その無惨を倒してしまったら、炭治郎達の物語は終わってしまうのだろうか?

読者としては、まだまだこの物語が続いてくれることを祈ってしまいますよね。

ただ冷静に考えれば、禰豆子もまだ完全に人間に戻っているわけではありません。

とりあえずは人間に戻れるところまでは、続いていきそうな気もしますよね。

となれば禰豆子を人間に戻すための足袋をしつつ、残ってしまった鬼を掃討していく物語が描かれるのではないかと思われます。

また炭治郎も無惨の毒により、禰豆子のように鬼になってしまう可能性も考えられますからね。

いずれにせよ、炭治郎と禰豆子が幸せに暮らせる日が早く来てほしいものですよね!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新193話『珠世の毒で無惨は老化・弱体化している!?』

 

無惨の体に現れた異変!?

無惨は炭治郎の攻撃を防ぎながら、炭治郎の姿に縁壱を重ね思い出していました。

とはいっても縁壱の赫刀、斬撃はこんなものではなかったという。

炭治郎の斬撃よりも、縁壱に斬られたときの方が再生が遅かったりしたのでしょうか?

まだ炭治郎の斬撃は縁壱には及ばないようではありますが、以前よりも無駄がなくなり正確にはなっている様子。

そんな最中に無惨は、自分の体に違和感を覚えたのです。

この違和感は”珠世の薬”のせいだと思い、細胞から珠世を呼び出していました。

薬は人になるものだと言っていましたが、どうやら違うようです。

珠世の顔のみを出現させ問い質すが、人間に戻す薬としかいいませんが「それと…」と言いかけます。

しかし、それを止めると無駄に増やした脳で考えろとあざ笑ったのでした。

そういわれ無惨は、再び怒りだし珠世の頭を握り潰したのであった…。

 

珠世の薬には老化の効果も

無惨は、珠世に直接聞いてもダメならばと珠世の細胞から気を苦を覗き見ようとします。

その記憶には、珠世としのぶの姿がありました。

どうやら、薬は2人で作っていた様子です。

しのぶはこの薬には人に戻す効果と、老化させる効果があると話していました。

それを聞いて無惨は、自分が”老化”してしまっていたことに気づいたのであった。

そこで自分の体を調べてみると、なんと老化は9千年進んでいたのです。

この状況に無惨は驚愕しますが、この老化がどう影響してくるのか気になるところですね!

 

炭治郎の攻撃は夜明けまで続く?

壮絶な死闘を繰り広げてはいるものの、夜明けまでは後59分とカラスが告げていました。

その間にも炭治郎は、日の呼吸十三の型を打ち続けているわけです。

そのかいあってか、ようやく日の呼吸の十二の型の全てを繋げて打つことができたようでした。

あとは無惨の脳と心臓を狙い、もっともっと精度を上げ正確に早く繰り返すのみ。

果たして炭治郎は、夜明けまで日の呼吸の十二の型を繰り返し続けることができるのか今後の展開に期待ですね!

<<鬼滅の刃194話に続く

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃 ネタバレ 最新 確定」まとめ

今回は、2020年2月10日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新193話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしてきましたがいかがでしたか?

どうやらこれまで絶対的な強さを見せつけていた無惨でしたが、珠世の置き土産ともいえる薬によって9千年も老化が進んでいたという事が発覚しました。

老化という事は、これで少しは弱体化できるという事なのではないかと期待してしまいますが、どうなっていくんでしょうか?

また炭治郎は日の呼吸の十二の型を続けて打つことができたわけですが、これを繰り返すことで本当に無惨を倒すことができるのか気になります。

老化し弱体化できているなら希望が持てそうな気もしますが、炭治郎の体力がそこまで持つのか心配な所。

これは次回も目が離せませんね!!

関連サイト:週刊少年ジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク