漫画

鬼滅の刃ネタバレ最新191話|禰豆子が無惨に吸収される根拠

鬼滅の刃ネタバレ最新191話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2020年1月27日発売の週刊少年チジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新191話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

万力の握力で刀の温度を上昇させ「赫刀の発動条件」を導き出した伊黒。

それに続き、他の柱たちもそれぞれの方法を見出し赫刀の発動に成功させることができた前回。

善逸・伊之助・カナヲも愈史郎の札をつかい応戦し、無惨への攻撃を展開していましたね。

現在、夜明けまではあと1時間となったわけが、再び無惨の毒が柱たちを蝕みはじめてしまったりするのでしょうか。

また禰豆子はついに炭治郎の元へ到着し、目覚めた炭治郎は日の呼吸十三の型の手がかりを見つけることができているのか気になってしまいますよね。

それでは今回は、2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新191話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしていきます。

<<鬼滅の刃|漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新191話『無惨が禰豆子を吸収!?』

 

禰豆子の到着で無惨に異変が?

結成が出てきてしまった時には、考察が外れてしまったのではと思ってしまいましたが、岩柱が言うには血清の効果は”一時的なものだろう”ということだったので外れたわけではなさそうです。

現段階で血清のおかげで柱たち一時的に治りましたが、炭治郎がまだ瀕死の状態です。

その上で血清は禰豆子の血をベースに作られていると考察するに、今後の展開のカギになるのが”禰豆子”ではないでしょか。

禰豆子が現場に到着することにより、無残が禰豆子を真っ先に狙ってくるのではないでしょうか。

そして禰豆子を吸収した無惨が日光を克服なんてことになってしまったら、更なる絶望的な展開になってしまいそうです。

ただ前産屋敷当主の耀哉が輝利哉に大丈夫と伝えているところを鑑みるに、禰豆子はしばらくの間人間にならないのではないかとも思うんですよね。

なんにせよ今後の展開は、”禰豆子”がカギになるのは間違いなさそうです!

 

禰豆子が無惨に吸収される根拠は?

まず考えられる展開として、皆が回復し禰豆子が無惨に吸収されることになるのではないかと考えられます。

禰豆子が到着し戦いへと参戦することで、禰豆子には爆血があるので鬼殺隊が抱えている無惨の毒は完治すると思うんですよね。

しかし、その最中に禰豆子が無惨に襲われてしまい吸収されてしまうのではないかと考察しています。

その根拠として思い返されるのが、かつての上弦での戦いです。

上弦での戦いでうまくいったことがあったでしょうか?

しかし今の無残戦の状況を再度、確認していきましょう。

無残の毒は皆くらってしまってはいますが、現状まだ毒での死者は出ていません。

また仲間の人数も増えたことで、圧倒的な不利な状態からは逃れています。

そして夜が明けるまでの時間は、あと1時間というところまで迫っているんですよね。

この状況だけを考えれば、かなり順調と言えますよね!

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新191話『赫い刃についてのおさらい!』

 

刃が赫になる方法は?

蛇柱が、やってくれていまいましたよね。

勝ちへの執着ともいえるかもしれませんが、本当に頭が良いですよね。

まず赫刀にするためには、強い衝撃を与える。

そして、その衝撃は万力の握力であり、万力のために痣発動するということでした。

 

赫い刃の効果とは?

黒死牟に効果を発動する刀であるという事はわかっていますよね。

これ少し考えてみたわけなのですが、刀の原料である鉱石は日の光を吸収した特別なものなんですよね。

なので衝撃を与えることにより、その鉱石が一番日の光を発揮する状態になるということなのではないかと考察できますよね!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新191話『日を克服した無惨をどう倒す?』

 

今後の戦況はどうなる?

色々と考察をしてはきましたが、気になるのは今後の戦況がどうなっていくのかですよね。

前述の考察通り、予想するのであれば”無惨が禰豆子を吸収し、日光を克服する”これしかないですよね!

炭治郎を助けるために来た禰豆子が無残に隙を突かれて吸収され、鬼殺隊は夜明けを迎えるものの無惨に日光が聞かないとなれば一気に絶望の淵に立たされることになります。

ここで待ちに待った炭治郎の覚醒といった流れになるのではないかと、予想しています。

 

無残をどう倒していくのか?

では、そんな絶望の淵で覚醒した炭治郎。

いったいどうやって無惨を倒していくのでしょうか?

やはり炭治郎が放つ”日の呼吸 十参ノ型”になってくるのは間違いないですよね。

炭治郎は先祖の記憶の中で、十参ノ型はおそらく継承しないでしょう。

それは無惨が体を簡単に変化させることができるからで、同じ場所に心臓が7つ脳が5つあるとは限らないからです。

となると十三ノ型とは何なのか。

”透き通る世界を視認し、状況に合わせた一呼吸で全てを断ち切る型”であると考えられますよね!

以前こんな予想をしてはいたのですが、割と本気でこれを炭治郎がやって討伐という流れになりそうな気がしてしまいます。

ただ禰豆子が吸収されてしまったとしたら、この後の展開をどう回収するのかは今のところ謎ではあるんですよね。

何はともあれ今後、どういった展開になっていくのか楽しみで仕方ありませんね!

<<鬼滅の刃192話に続く

 

スポンサーリンク

「鬼滅の刃 ネタバレ 最新 確定」まとめ

今回は、2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新191話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしてきましたがいかがでしたか?

炭治郎の同期達が今回は、続々と助太刀として登場してくれましたね。

皆の元気な様子が、見られて一安心出来ました。

とはいっても戦闘の真っただ中ということで、これからどう展開していくのかが気になるところ。

これ以上誰にも傷ついてほしくありませんが、それも難しそうですよね…。

悲鳴嶼は赫刀を発現しようにも、無惨の攻撃をかわすのが精一杯で余裕がなかった様子でした。

また赫刀に引き続き、相手の体が透き通って見えるようになれば一層有利になるでしょう。

しかし、そこまでの余裕はまだないのか、それとも次回以降で透き通る世界に到達するのかにも注目ですね。

そして自分自身の握力のみで赫刀を発現させた伊黒に、実弥と冨岡が刀をぶつけ合ってお互い赫刀になったシーンも熱くなりってしまいましたね。

赫刀は、握るだけで赫くするには渾身の力が必要ということで、体力を使いすぎて戦えなくなってしまう状況にもなりかねません。

ならば武器同士をぶつけ合い、その衝撃を利用しようということのようですね。

また、この三人は全員二十一歳の同い年であり、三人の個性が魅力的に描かれていました。

そんな彼らと炭治郎が加わり、どこまで無惨を追い込めるのか楽しみですね!

関連サイト:週刊少年ジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.