漫画

鬼滅の刃ネタバレ最新189話|炭治郎を助けるのは愈史郎

鬼滅の刃ネタバレ最新189話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2020年1月4日発売の週刊少年チジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新189話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

無惨の攻撃が速度を増し、懐に入り攻撃をしようかと考えていた矢先。

甘露寺は無惨の攻撃に引き寄せられ負傷し、伊黒が建物の陰へ連れていき隊士に愈史郎を連れてきて治療を命じました。

無惨の元へ戻ろうと走り出す伊黒に甘露寺は泣きながら叫び、伊黒は鬼のいない世界で甘露寺に出逢えていたらと考える。

だが、すぐに自分の呪われた体ごと入れ替えないと難しいと改めた。

伊黒は女しか生まれない一族に初めて生まれた男で、一族は蛇鬼が殺した人間の財産を奪い暮らしていました。

12になり座敷牢から出された伊黒だが、蛇鬼はもう少し育ててからと口を自分と同じ様に裂き牢へと戻した。

逃げることだけを考え続けた伊黒は、ある日脱出した途中で蛇女に追いつかれたが当時の炎柱に助けてもらった。

その後、生き残った従姉妹に会ったが自分が逃げたせいで50人が殺されたと責められる。

伊黒は鬼を殺し、人の命を助けると少しだけいい人間になれた気がしていた。

だが、いつも50人が手を引っ張り続けたのであった。

それでは今回は、20200年1月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新189話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしていきます。

<<鬼滅の刃|漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新189話『柱の3人に死亡フラグ!?』

 

柱たちの時間稼ぎにも限界に?

無惨の激しい攻撃に対し、必死で食らいついていく柱たち。

伊黒は瞬時に再生してしまう無残への対策として、腕を斬りつけたと同時に蹴り上げることで再生を遅らせるという方法を編み出したのだった。

しかしながら、その後の無惨の攻撃の回避することで、通常の何杯もの体力を奪ってしまうことがデメリットであると考察をする。

その一方で、義勇は握力がなくなってしまい刀がすっぽ抜け落ちてしまうのであった…。

 

毒が回り残された時間が少ない柱たち?

不死川と悲鳴嶼のカバーによって、救われた義勇は刀を握り攻撃を再開しました。

しかし、義勇・伊黒・不死川・悲鳴嶼は全身に毒が回りきるまで5分ほどしか残されていなかった。

その中でも伊黒は、体が小さい分早く毒が回ってしまっているようだった。

一方で、夜明けまではまだ1時間14分も残されているという最悪の状況。

1秒ですらとてつもなく重たい状態であり、さらに夜明けまでには柱たちに無惨の毒が回り切ってしまうという絶体絶命から逃れられない状況なのであった…。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新189話『柱を助けるのは茶々丸?赫刀についての見解は?』

 

茶々丸が登場し柱を回復する?

そんな絶体絶命的な状況下の中、愈史郎の猫である茶々丸が登場しました。

茶々丸は愈史郎の血鬼術によってステルスモードになることができる猫であり、無惨に気付かれないまま戦場に現れることができたのであった。

そして茶々丸は柱たちに無惨による細胞破壊を止めることのできる血清を流し込み、柱たちは脈の狂いや体の激痛が大幅に緩和されたのであった。

死んでもなお無惨に食らいついてくる珠世の姿を頭に浮かべ、無惨は瞬時に茶々丸の身体を切り刻んでしまったのだった…。

 

伊黒が分析する赫刀とは?

茶々丸のおかげで、一時的に回復することができた柱たちは無残への攻撃を再開しはじめます。

その中でも伊黒は、自分が一番成果をあげれていないと思っていた。

自分たちの身代わりとなり、死んでいった鬼殺隊士のためにも少しでも無惨への有効打がないか考察していたのだった。

そして、時透無一郎が死の直前に赫刀を発動したことを思い出したのです。

その時の無一郎ができたのは「刀を強く握りしめること」のみであった。

よって赫刀というのは、刀の温度が上がったことにより発動したのではないかと考察する。

「刀を赫く染めるのは死の淵に己を追い詰めてこそ発揮される万力の握力」

伊黒はそう頭の中で叫ぶと、無残に斬りかかるその刃は見事に赫刀に変化したようでしあった…。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新189話『炭治郎を助けるのは愈史郎だった!?』

 

愈史郎が登場しなかった理由は?

愈史郎は鳴女との戦い後、登場していませんよね。

鬼である彼が瓦礫に埋もれたくらいでは死ぬとは思いませんが、体術に長けているわけではありません。

どちらかというと目くらましや式神といったサポートに適している鬼であり、もしかしたら「瓦礫から出てこられない」のかも?

今のところ街の人たちを隠が誘導していますが、茶々丸を助けたのも隠の人たちでした。

つまりは茶々丸が出てきた瓦礫の下を漁れば、愈史郎が出てくる可能性が高いと言えるのではないだろうか。

しかしながら愈史郎が出てきてしまっては、無惨は愈史郎を先に攻撃してくるかもしれません。

そうならないためにも、愈史郎は今後も隠密行動をした方が得策といえます。

甘露寺と合流し甘露寺の回復をしたら、もしかすると無惨戦に再度挑み戦いを有利にしてくれるのではないだろうか。

個人的な考えではありますが、甘露寺は「透明な世界」に入ることができるのではないかと思っているんですよね。

元々身体能力にバフがかかっているキャラクターということで、現在の劣勢となっている戦いを好機にかえるのは、現在一時離脱した甘露寺と考えても良さそうですよね。

また透明な世界にさえ入ってしまえば、甘露寺の身体能力なら無惨の攻撃は当たりません。

なので心臓や脳を少しずつでも破壊出来たりするかもしれませんよね。

もちろん仮説なのですが、このまま離脱し終了はありえないでしょうし伊黒が死んだ後に覚醒するパターンにも期待ですよね!

 

愈史郎が炭治郎回復に動いている?

愈史郎が戦場に登場しない、もう一つのかせととしては”すでに炭治郎の治療を行っている”可能性。

炭治郎は現在昏睡状態であり、過去の回想を見ている状態。

目覚めたときには十三の型を覚えているのではないかと思いますが、その前に命を落としてしまっては意味がないですよね。

炭治郎が倒れている原因も無惨の毒であり、茶々丸が持っていた解毒薬が効果があるとわかっている。

となれば愈史郎はそちらに動いており、姿を現すことが出来ないとも考えられます。

悲鳴嶋がすぐに気づいていましたが、鬼血止めは一時的な効果しかありません。

しかし現在無惨の毒によって死にそうになっていた冨岡や伊黒が好転できるようになったのも、珠世の薬あってこそ。

厳しい戦闘が続きますが、炭治郎の身体も愈史郎が治してくれている展開もありえそう。

禰豆子もこちらに向かっているわけですし、禰豆子の爆血でも回復は可能ではありますよね。

どちらにしても炭治郎の早期回復が、今後の展開に大きく左右してきそうですね。

<<鬼滅の刃190話に続く

 

スポンサーリンク

「鬼滅の刃 ネタバレ 最新 確定」まとめ

今回は、2020年1月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新188話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしてきましたがいかがでしたか?

前回の伊黒の回想に続き、赫刀の謎を解き明かす重要な回でしたね。

まだ完全に赫刀の謎が明かされてはいませんが、死の淵に追い込まれた人間が必死に刀を握ることで、刀の温度が上がり赫刀になることが判明しました。

ただ熱くなるだけっというのは物足りないので、今後さらなる謎が明かされていく事になりそうですが楽しみですね。

赫刀は鬼の再生を遅らせる唯一の有効打になってくるのではないかと思うので、今後の伏線回収に期待ですね!

そして茶々丸ですが、この世で一番活躍した猫であるのは間違ありません。

柱たちも一時的ではありますが毒の影響から逃れることができたで、禰豆子の到着と炭治郎の回復の流れがそろそろ来そうな予感がしてしまいますね。

関連サイト:週刊少年ジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.