漫画

鬼滅の刃ネタバレ最新185話|冨岡の同期である村田が炭治郎を運ぶ!

鬼滅の刃ネタバレ最新185話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年12月2日発売の週刊少年チジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新185話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

強すぎる無惨を目の前に、柱の身代わりとなり鬼殺隊が柱を救ったシーンに胸が締め付けられた前回。

ようやく地上での戦いとはなったものの相変わらずの強さを発揮する無惨。

その圧倒的な強さを前にして、夜明けまで足止めすることは可能なのでしょうか。

そして絶体絶命に陥ってしまった炭治郎の安否ですが、依然続く子の窮地をどうやって乗り切るのか気になりますね!

それでは今回は、2019年12月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新185話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしていきます。

<<鬼滅の刃|漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新185話『禰豆子が目覚めて炭治郎を助けに行く!』

 

父の呼びかけに目覚めた禰豆子?

眠り続ける禰豆子に、”起きろ、炭治郎が危ない”と呼びかける声がする。

これは禰豆子の夢の中なのだろうか?

眠っている禰豆子の頭を両手で支えながら呼びかけるのは、炭治郎や禰豆子の父親か?

炭治郎と同じ市松模様の羽織を着ているあたり、おそらく父親ではないだろうか。

次の瞬間、突然に目を覚まし禰豆子は立ち上がります。

その顔には、汗をかいている様子。

鱗滝は、禰豆子が突然に目を覚まし立ち上がったことにかなり驚いていました。

しかし禰豆子は、そのまま家を飛び出しどこかへと走り出したのだった。

そんな禰豆子を後ろから追う鱗滝であったのだった…。

 

走り出した禰豆子の行く先は?

輝利哉を警護していた煉獄の父親である槇寿郎は、禰豆子が鱗滝のもとを飛び出したことを輝利哉に報告した。

だが禰豆子が、なぜ飛び出したのか輝利哉は理解できずにいました。

無惨に操られているからなのだろうか?でも、そんなはずはない。

では、薬が効いて人間になったのか?そうであれば鱗滝がとらえているはずだと考えを巡らせていた。

追わなければと考える輝利哉ではありましたが、父親である先代お館様の「禰豆子は好きにさせなさい、大丈夫だから」との声が届きます。

くいなは誰に禰豆子を追わせるのかを輝利哉に聞きますが、輝利哉は追わなくていいと判断を下した。

しかしながら禰豆子が鬼に捕まるようなことがあれば取り返しがつかないと、くいなは言います。

しかし、その通りではあるのだが、父上が好きにさせろと言っていると涙を流しながら輝利哉は語るのだった。

そして、絶体絶命のピンチである炭治郎を助けるために禰豆子は走り続けます。

追いかける鱗滝ではありましたが、追いつくどころかどんどん離されていき、もはや自分では追いつけないと考えていました。

禰豆子の前には父親らしき人物が現れ、炭治郎がいる方角を指差し伝えてくれています。

禰豆子が崖を飛び降りたところで、鱗滝は追いつけず追うのを諦めました。

この高さを飛ぶとはと驚く鱗滝は、人間に戻る薬が効いていないのかと考えるほどであった…。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新185話『やっと悲鳴嶼と不死川が到着する!』

 

無惨に攻撃を受けてしまった3人?

一方で無惨と戦い続けている、冨岡・甘露寺・伊黒の3人。

何とか無惨の攻撃をかわしながら折れていない刀を拾わなければならない、そこに落ちている水の呼吸の剣士の刀をと冨岡は考えていました。

同じく、無惨の攻撃をかわす伊黒。

無惨の攻撃が、あまりにも速すぎて三人がかりであっても息が続かないと溢していた。

そして何とかやり過ごしていた3人ではありましたが、遂に甘露寺・冨岡・伊黒は無惨の攻撃を受けてしまったのであった…。

 

助けに来た悲鳴嶼と不死川?

みんなが庇ってくれたのにも関わらず、甘露寺は喰らってしまったとショックを受けていた。

しかし甘露寺の細胞にも変化があらわれ、その場に倒れ込んでしまいました。

甘露寺を心配する伊黒ではありましたが、甘露寺は自分のことだけを守ってと叫びます。

無惨の攻撃が甘露寺へと迫るなか、悲鳴嶼が現れ甘露寺を守ることに成功します。

さらには不死川も現れ無惨の頭から一刀両断します。

しかし残は、すぐさまその体を再生する。

不死川は無惨の攻撃をかわしながら幾つかのビンを投げつけていましたが、そのビンを全て割る無惨。

ですがビンの中にはお酒か油のような物が入っており、無残はその液体を体に浴びていましたs。

不死川は、おもむろにマッチに火を付けると無惨へと投げると、無残の全身が炎に包まれ燃え盛る。

無惨は、小賢しい真似を!と怒りをあらわにしますが、不死川はテメェにはこれくらいが似合いだぜと返す。

そしてブチ殺してやると不死川は、このゴミクズ野郎とさらに怒りの表情を見せるのであった…。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新185話『冨岡の同期である村田が炭治郎を運ぶ!』

 

村田と冨岡は同期だった?

そんな無惨との戦いの場に到着したのは田村であった。

田村の家族の仇でもある無惨の姿を発見し、殺してやると刀に手を伸ばしたのだが冨岡が田村の名前を呼んだのだった。

冨岡は村田に対し、炭治郎が動けないから安全なところで手当てを頼むと叫びます。

村田はその指示で、炭治郎の元へと駆け寄ります。

そして、そのまま炭治郎を担ぐと手当をしてやるから安心しろと炭治郎に声をかけ、冨岡が自分の名前を憶えてくれていたことに涙を流すのだった。

村田と冨岡は選別時代からいっしょだった、凄く差はついてしまったが俺たちは同期なんだぜと…。

瀕死の状態で意識すらない状態の炭治郎は、村田に担がれながらも役に立てとずっと考えていました。

そして、みんな最期まで頑張ったんだぞと…。

 

臭いがしない世界に落ちた炭治郎?

瀕死の状態で意識すらない炭治郎は、死の縁で意識の中の世界へとたどりつく。

炭治郎は、両の目を開き綺麗な青空を見上げる。

夜が明けたのだろうか?とも考えるが、それはありえないと自問自答を続ける炭治郎。

その時でした、あれ?匂いが全然しない…。

そう、炭治郎は何故か匂いがしない世界へと着てしまったのであった…。

<<鬼滅の刃186話へ

 

スポンサーリンク

「鬼滅の刃 ネタバレ 最新 確定」まとめ

今回は、2019年12月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新185話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしてきましたがいかがでしたか?

炭治郎の危機に禰豆子が目覚め、前回で炭治郎の壊された細胞には無惨の血が混入していることがわかりました。

となると鬼の細胞のみを焼却する禰豆子の血鬼術「爆血」であれば、炭治郎を救うことができるのでしょうか。

そんな展開になっていくのかな?とも考えていますが、何より禰豆子の姿が久しぶりに見れたことが嬉しかった回でもありました。

更には、このまま戦闘にも参加しそうな気はしますが、どうなっていくのか今から楽しみですね!

関連サイト:週刊少年ジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.