漫画

鬼滅の刃ネタバレ最新183話|城崩壊迄のカウントダウン開始

鬼滅の刃ネタバレ最新183話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年11月18日発売の週刊少年チジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新183話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

前回では、いよいよ炭治郎と義勇が無惨と対峙する展開となりました。

伊黒と甘露寺の命を奪った無惨と懸命に戦ってはいましたが、次々と迫ってくる攻撃に二人は防戦を強いられてしまいました。

そんな2人がピンチにさらされたその時でした、伊黒と甘露寺が実は生きていて駆けつけてくれたのでした。

それに驚きを隠せない無惨ではありましたが、今までの情景は鳴女が見せていた偽りの情景だったのです。

それは全ては愈史郎の策略だったということですが、どんな展開になるのか気になる!

それでは今回は、2019年11月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新183話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしていきます。

<<鬼滅の刃|漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新183話『圧倒的過ぎる迫力の無惨!!』

 

別次元ともいえる無惨の迫力?

城の中では、鳴女の奏でる琵琶の音色が響き渡り城が次々と形を変形させていました。

そんな中で甘露寺は、無惨の圧に押しつぶされそうになるのを必死に堪えていた。

そうは言えども目の前には無惨がいるだけに、何とか攻撃しなくてはと自分を鼓舞する甘露寺。

ところが無惨の別次元ともいえる迫力は、これまでに見てきたどの鬼よりも恐怖感を煽るものであった。

甘露寺は怖すぎて”間合いに入らずんは即死せよ!”といったような語彙がおかしくなってしまうと、怖さのあまり悲鳴嶼が早く来てくれる事を懇願していた。

そうでなくては、愈史郎が企てた『柱みんな死んだふり作戦』も水の泡になってしまうと作戦の心配していました。

しかしながら、作戦を捨てでも助けに行かなくてはいけない程に”義勇達が 苦境に追い込まれていた”という事実に自身達の行動は間違っていなかったと納得していたのだった…。

 

『柱みんな死んだふり作戦』全貌は?

愈史郎は甘露寺に対し、俺は鬼だが味方だと宣言し馬鹿でないのなら今すぐ理解し協力しろと伝えました。

その言葉に対し甘露寺は、私はバカではないと瞬時に愈史郎の話に耳を傾ける。

話を聞いてくれている甘露寺に対し愈史郎は、鳴女は俺が引き受けるからお前は阿呆の様に動いて囮になれと言います。

そして甘露寺が囮になっている隙を突き、気づかれないように距離を縮め鳴女の視覚を奪うと続ける。

そのまま脳内に侵入しすることで、無惨の支配を外し頭を乗っ取るというのが、この作戦だ。

その作戦に対し甘露寺は、そんなことできるんだ!いーなー便利!と感心を寄せていた。

更に愈史郎は、淡々と打倒無惨の作戦を語る。

無惨には柱や他の鬼狩りが死んだと思わせる。

その裏で味方を集結させ総戦力で一気に叩くと言うのだ。

これが”柱みんな死んだふり作戦”の全貌であると愈史郎は語るのだった…。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新183話『愈史郎VS無惨!!』

 

鳴女を介した怒涛の鬩ぎ合い?

再び舞台は城の中へと戻り、相変わらずではあるが物凄い勢いで城が動いていました。

無惨を攻撃し、少しでも愈史郎が有利になるように頑張らなくてはならない。

そんな思いはあるものの激しく動く城に対し、甘露寺は一番乗りで私が死ぬのではないかと感じてしまっていたのだった。

時を同じくして、炭治郎も動く城に苦戦を強いられていました。

自身の胸中で”無惨から離れるな!絶対にみんなと分断されるな!!”と叫び続る炭治郎。

そんな中で無惨は、目視することは出来ないが鳴女の傍らに誰かがいる事を感じ取っていました。

無惨は珠世の鬼だなと察し、いい度胸だ殺してやると呟きます。

そんな無惨の予感は、正しかったのです。

鳴女の頭に手を当て、愈史郎が頭を完全に乗っ取る為に脳内に侵入している最中だったのだ。

とはいっても簡単には、捕らえせては貰えないのであった…。

 

支配されじと抗う愈史郎?

これまで殆ど外れていた支配を強い力で絡め取ると、愈史郎の細胞までも吸収し始めていました。

吸収されかけてしまっている愈史郎の腕からは、鈍くメキっと音が鳴る。

隊員は愈史郎の手助けをしたいと、俺を喰らう事で無惨を倒すことができるのなら食ってくれと懇願する。

しかし今は、そんな悠長な話をしている暇などない。

愈史郎は、思わず黙れ!引っ込んでろ!と声を荒げていました。

吸収をされまいと堪える愈史郎に対し、無残は邪魔だ!消えろ!!と叫んだ。

その瞬間だった…。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新183話『城崩壊迄のカウントダウン開始!』

 

鳴女の頭が爆発する?

愈史郎に無惨が叫んだ瞬間でした。

『水の呼吸̪肆ノ型 打ち潮』

『蛇の呼吸壱ノ型 委蛇斬り』

伊黒と義勇が、愈史郎と鬩ぎ合い中の無惨に攻撃を仕掛けたのだ。

とはいえ攻撃はかわされてしまったが、再び鳴女に対する無惨の支配が弱まりました。

愈史郎はその隙にいける!取り戻せる!!と、確信したその時でした。

無惨は、無情にも鳴女の頭を爆発されてしまったのです。

愈史郎は、鳴女が殺されてしまっては城が崩壊する!と慌てていた。

だがしかし、このまま諦める訳にはいかないのだ…。

 

城が崩壊し舞台は地上へ?

愈史郎は細胞が完全に死滅してしまう迄の僅かな時間で、無惨と残りの隊員を外へ出す為に注力していました。

無惨と実際に対峙する四人。

次から次へと繰り出される無惨の攻撃に対し、みな中々近づくことすらできずにいました。

必至にかわしていた炭治郎ではありったものの、肩に無惨の攻撃を受け血が吹き上がる。

そして”ギギギイイィ…”と城の軋む音に気が付いた伊黒。

城が崩壊してしまう前に外に出なければ、無惨以外全員死んでしまうことを察していた。

その時、甘露寺は城の動きに少し気を取られていた。

無惨に、その一瞬の隙をついかれてしまい攻撃を仕掛けられてしまいます。

それに気づいた甘露寺でしたが、その時にはすでに無惨の腕が目の前にあった。

炭治郎は、甘露寺の名を叫ぶ。

絶体絶命に陥ってしまった甘露寺に気づいた炭治郎は、無惨に向かって自らの刀を投げる。

その投げられた刀が、無残の頭を貫いたため甘露寺は、この窮地を助かることができたのだった。

そして無惨は、忌々しい餓鬼め…!!と悔しがっていました。

次の瞬間、ドゴンと大きな音を立てると城が一気に上昇した。

そして戦いの舞台は、遂に地上へと移されたのであった…。

<<鬼滅の刃184話

 

スポンサーリンク

「鬼滅の刃 ネタバレ 最新 確定」まとめ

今回は、2019年11月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新183話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしてきましたがいかがでしたか?

防戦を強いられていた義勇&炭治郎と無惨の戦いではありましたが、伊黒、甘露寺、愈史郎の助太刀により徐々にではありますが希望が見えてきたように感じられましたね。

愈史郎の作戦から始まった反撃ではありましたが、遂に戦いの場は地上へ移りました。

こうなってくると、また新たな展開が待ち受けているのではないかとわくわくしていますが、この戦いの行く末が気になって仕方ありませんね!

関連サイト:週刊少年ジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.