漫画

鬼滅の刃ネタバレ最新180話|自我を持った異形は鬼本来の姿

鬼滅の刃ネタバレ最新180話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年10月28日発売の週刊少年チジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新180話のネタバレ確定・あらすじ・考察を紹介していきます。

前回は、涙なしには語れない辛いかいとなりましたね。

上弦の壱には勝利することはできましたが、その分、失ってしまったものも大きかったといえます。

玄弥が最期に実弥に謝り、感謝を伝えることができたのがせめてもの救いだったのではないでしょうか。

しかし実弥はこの先、大丈夫なのかが心配なところです。

かなりの重傷なうえに精神状態もあまり良くない中、無惨と戦うには無理があるのではないかと心配が残ります。

とはいえ岩柱の悲鳴嶼が行かねばならないと言っていますし、前に進むしかありません。

また今回は兄弟がお互いを想い合う気持ちが描かれ、時透兄弟も不死川兄弟も兄または弟に幸せになって欲しいと願っていました。

「頼むから死んでくれ」と縁壱の死を願っていた黒死牟とは、かなり対照的でしたね。

さて気になる次会ですが、場面が変わってついに無惨戦となるのでしょうか。

上弦の肆である鳴女と戦っている甘露寺・伊黒のほうも決着がついたのか気になるところです。

それでは今回は、2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新180話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしていきます。

<<鬼滅の刃|漫画全巻無料で読めるサイト

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新180話『これからの焦点は竈門炭治郎と宿敵の無惨に?』

 

黒死牟との戦いの終わって?

黒死牟との戦いは隊士達の勝利で幕を閉じましたが、その代償として時透無一郎と不死川玄弥の2人の命が犠牲となってしまいました。

決着がつく中で既に息を引き取っていた時透は、死後の世界で死に別れた双子の兄である有一郎と涙の再会を果たしていました。

一方で決着後は辛うじて息があった不死川玄弥ではありましたが、体を縦に両断されては流石に致命傷という状態。

兄の不死川実弥が見守る中で過去からの感謝と謝罪を告げ、鬼と同じようにボロボロに崩れ死を迎えてしまいました。

兄である実弥が失意の絶叫をあげる中で、無惨はまだ生きていると悲鳴嶼行冥は告げたのでした。

 

次は竈門炭治郎と無惨の戦いに?

結構な頻度で登場していた時透と玄弥の死は、かなり衝撃的な展開でした。

個人的には、胡蝶しのぶの死と同じくらいに辛いものがありました。

これを踏まえ次回を予想するならば、展開は一気に進むのではないかと考えています。

特に本作では戦いが終わると、別のキャラクターに視点が移ることがよくあります。

だからこそ個人的には焦点は、主人公の竈門炭治郎と宿敵の無惨に移るのではないかと予想しています。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新180話『時透と玄弥の死を知る竈門炭治郎の次なる行動は?』

 

竈門炭治郎に届いた凶報?

対黒死牟戦が始まる中で、炭治郎は傷ついた体でを引きずりながらも水柱の冨岡義勇と共に無惨へと進んでいきました。

そんな中でもたらされた凶報が…。

しのぶの時もそうではありましたが、仲間を死を知らされたとしても今は立ち止まることは許されません。

そのため、前へ進み続けることは確かといえます。

そうであっても、その内心では時透と玄弥の死を嘆くのは間違いありませんよね。

ただし同時に今までより一層、無惨を倒すべきだと強く決意し邁進していくでしょう。

 

ヒノカミ神楽についての新情報が?

そんな炭治郎ではありますが、黒死牟戦では始まりの呼吸の担い手である縁壱について何度も語られてきましたよね。

現状では、炭治郎は縁壱が使った日の呼吸は使うことができません。

しかし使えるかもれしないという期待値は残っているので、縁壱繋がりでヒノカミ神楽について何か新情報がでる可能性も十分に考えられますよね。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新180話『異形の宿敵・鬼舞辻無惨が復活する!?』

 

自我を持った異形は鬼本来の姿?

これも黒死牟戦からきているものですが、戦いのクライマックスで黒死牟は醜悪な姿となっていました。

人と怪物の中間ともいえるような見た目ではありましたが、あれこそが鬼本来の姿といえるのかもしれません。

もっとも、余りにも醜悪な見た目で自我を保っているという事自体が驚きですよね。

個人的な考察としては、鬼は自我を保つために常時、人型を取ることで力をセーブしているのではないかと考えています。

つまり自我を持った異形となれるのは、突き抜けた力を持つ鬼のみであると推測できますよね。
ただ、これは主観と偏見による願望になるので、正確にそうであるとは言い切れないところです。

 

鬼舞辻無惨の復活で鬼殺隊の危機?

ただ私の考察を正解とするのであれば、そろそろ復活しそうな無惨はきっと人と怪物の中間のような形となっているのではないかということになります。

より醜悪に、より狂気的に、より強い殺意を持って現れるラスボス。

そんな強敵を前にし、鬼殺隊は一気に危機に陥りそうな予感がしています。

果たして、炭治郎は、柱達は間に合うのかとても気になるところですよね。

<<鬼滅の刃181話

 

スポンサーリンク

「鬼滅の刃 ネタバレ 最新 確定」まとめ

今回は、2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新180話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしてきましたがいかがでしたか?

 

無惨が再登場した回、無惨が次々に隊員を殺していくシーンは緊張感と絶望感漂う場面となっていましたよね。

是非みなさんには、漫画の絵でもみていただきたいシーンでした。

そして、夫と子供を殺させられた珠世。

結局、無惨の手で殺されてしまいましたね。

なんとも無念で悔しそうな顔をしていた珠世ですが、ますます無惨への憎しみが増した回ともいえました。

そして鬼殺隊を全滅させると決心した無惨との直接対決が予想される鬼殺隊も心身ともに疲弊しているだけに心配ですね。

無惨とちゃんと戦えるのか、どんな戦いとなっていくのか今後の展開が気になるところです。

関連サイト:週刊少年ジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.